幻の王女チャミョンゴ(韓国ドラマ)フル動画の無料視聴方法をチェック【1話〜最終回】

幻の王女チャミョンゴ 無料動画

    ↑  ↑  ↑
FODなら1ヶ月無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

 

ここでは韓国ドラマ『幻の王女チャミョンゴ』の動画配信情報をまとめています。
『幻の王女チャミョンゴ』のフル動画が無料視聴できる動画配信サービスをお探しの方は、ぜひ参考にして下さい。

また、第1話から最終話まで全39話のあらすじや、各キャストが出演する他の作品もピックアップしていますので、お気に入り作品を見つける際にも役立てて下さい。

当サイト紹介サービス一覧
動画配信サービスFOD / U-NEXT / Hulu / TSUTAYA TV / Amazonプライムビデオ / dTV / ビデオパス
動画共有サイトYou Tube / PandoraTV / Dailymotion / Youku

『幻の王女チャミョンゴ』無料動画配信情報

動画配信サービス

各動画配信サービスの『幻の王女チャミョンゴ』配信状況です。
どれも無料期間が設けられていますが、一度登録したことのあるサービスは適用されませんのでご注意下さい。 複数のサービスで配信されている場合は、過去ご利用になっていないサービスを選択するのをおすすめします。
※「サービス名」をクリックで各公式サイトにアクセスできます。

サービス名 配信状況 無料期間
(初回のみ)
FOD
(2020年10月17日まで)
1ヶ月無料
U-NEXT × 31日間無料
Hulu × 2週間無料
TSUTAYA TV 30日間無料
Amazonプライム × 30日間無料
dTV 31日間無料
ビデオパス × 30日間無料

※2019年10月の配信状況

 

動画共有サイト

ここでは動画共有サイトへの検索リンクを紹介しています。

共有サイト名 検索リンク
YouTube YouTubeでチェック
PandoraTV PandoraTVでチェック
Dailymotion Dailymotionでチェック
Youku Youkuでチェック

※上記サイト自体は違法ではありませんが、ウイルス感染の温床になっていることが問題視されています。
現在ではダウンロードせず視聴するだけなら違法にならないものの、よほどの理由がない限り視聴するのは避けるべきでしょう。
あくまでも自己責任でご利用下さい。

 


より安全に観るならコチラ!

    ↑  ↑  ↑
FODなら1ヶ月無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

『幻の王女チャミョンゴ』キャストの他作品の配信状況

ここでは『幻の王女チャミョンゴ』の主要キャストが出演しているドラマや映画など、他作品をピックアップしています。
各作品ごとに無料配信している動画サイトも合わせて記載していますので、出演俳優&出演女優ファンの方は下記の作品も合わせてチェックしてみて下さい。
すべての動画配信サービスをうまく利用すれば、無料期間だけでも相当楽しめると思います。
「サービス名」クリックで各公式サイトにアクセスできます。

チョン・リョウォンの出演作品一覧

FOD>>>
風船ガム | 私の名前はキム・サムスン

U-NEXT>>>
風船ガム | 私の名前はキム・サムスン | メディカル・トップチーム

Hulu>>>
彼とわたしの漂流日記

TSUTAYA>>>
風船ガム | 痛み

dTV>>>
私の名前はキム・サムスン | 風船ガム

ビデオパス>>>
風船ガム

 

チョン・ギョンホの出演作品一覧

FOD>>>
ハウスメイト | 犬とオオカミの時間 | ごめん、愛してる

U-NEXT>>>
もう一度ハッピーエンディング | ごめん、愛してる | 犬とオオカミの時間 | ハウスメイト | 秘宝の秘密 | 悪魔は闇に蠢く | ギターとショートパンツ

Hulu>>>
純情に惚れる | ローラーコースター! | リターン・トゥ・ベース | 犬とオオカミの時間

TSUTAYA>>>
純情に惚れる | 亀、走る | ハーブ | あなたは遠いところに | ギターとショートパンツ | ハウスメイト

dTV>>>
純情に惚れる | ミッシングナイン

 

パク・ミニョンの出演作品一覧

FOD>>>
成均館スキャンダル-TheMOVIE | トキメキ☆成均館スキャンダル | ヒーラー~最高の恋人~

U-NEXT>>>
ヒーラー ~最高の恋人~ | トキメキ☆成均館スキャンダル | リメンバー~記憶の彼方へ~ | K-STAR NEXT ドラマ『彼女の私生活』制作発表記者会見 | 弁護士の資格~改過遷善 | 成均館スキャンダル-TheMOVIE

Hulu>>>
トキメキ☆成均館スキャンダル

TSUTAYA>>>
ヒーラー〜最高の恋人〜 | トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版> | トキメキ☆成均館スキャンダル <劇場編集版> | 弁護士の資格〜改過遷善

dTV>>>
トキメキ☆成均館スキャンダル The MOVIE | ヒーラー~最高の恋人~

ビデオパス>>>
ヒーラー -最高の恋人- | トキメキ☆成均館スキャンダル

 

幻の王女チャミョンゴの詳細情報

キャスト

チョン・リョウォン/チョン・ギョンホ/パク・ミニョン

 

あらすじ

ストーリー

古代朝鮮にあった豊かな堅国、“楽浪”に同じ日同じ時刻に違う妃から二人の姫が生まれた。妹チャミョンは生まれて間もなく宮中の覇権争いに巻き込まれ、宮廷を瀕死の状態で追われ、その身分を知らぬまま技芸団で育つ。そんな中、高句麗の王子ホドンと運命的な出会いをし、二人は恋に落ちていく。その後チャミョンの出生が明らかになり、チャミョンは運命に導かれるように楽浪の宮廷に戻る。一方、同じ日に生まれたラヒは、幼い頃から楽浪姫として育てられ、幼い頃に出会った隣国・高句麗のホドン王子に恋心を抱き、それは大人になるにつれ次第に大きくなっていく。
同じ日に生まれた二人の姫の生い立ちと、同じ男性を愛してしまうという数奇な運命が、楽浪国と高句麗という二つの国の運命をも巻き込んでいく・・・。

第1話:

ラヒ(パク・ミニョン)が眠っている場所を聞くホドン(チョン・ギョンホ)は、立太子の式典を前にして騒ぎを起こしてはいけないと話すテチュ(ユン・ソヒョン)の言葉にとどまる。ホドン王子が現れたという報告を受けたワン・ホル(イ・ジュヒョン)は、ホドンを捕まえ高句麗で奴隷になっている民と交換する計画を立てる。一方、ソン・メソルス(ソン・ヒョナ)は街でからかわれるばかりのホドンと、息子のヘエウが皇太子の座を争っていると知り激怒する。大武神王ムヒュル(ムン・ソングン)は楽浪(ナンナン)国民が鎮まらない理由をウルドゥジ(イ・ヨンボム)に調べさせる。ウルドゥジは生き残った王女が存在し、これが楽浪国民に希望を与えているのではないかと報告する。大武神王ムヒュルは、楽浪国民も高句麗の民と平等に扱ってほしいと懇願するホドンに対し、王に逆らう者は政敵だと激怒。そして、チャミョン(チョン・リョウォン)の首を献上すれば皇太子にするとホドンに提案する・・・

第2話:

毒が回り気を失いつつも、チャミョンは太鼓を壊そうとするラヒに渾身の力で短剣を刺す。敵に追い込まれていたチャミョンは、ホドンが死んでもいいのかと聞くラヒの質問に一瞬動きが止まり、その隙に攻撃したラヒの剣に倒れる。
楽浪(ナンナン)城の霊星壇(ヨンソンダン)にいた天文官チャムク(アン・ソクファン)は、チェ・リ(ホン・ヨソプ)に、これから生まれる二人の姫が楽浪国を滅ぼすと偽りの予言を告げる。自分の王位と命が脅かされることに不安になったユ・ホン(イ・チャンジク)は、チェ・リに姫たちを殺せと命令するが・・・

第3話:

チャムクはワン・ジャシルの計画に加担。チェ・リが軍事用で使う大きい凧に火をつけ、モ・ハソが出産中だった宮殿の上にまるで星が落ちたように見せかける。チャムクは凶星がモ・ハソの宮殿に落ちたので、彼女が産んだチャミョンをいけにえにささげるべきだとチェ・リを追い込む。一方、モ・ハソの娘を殺せず苦しむチェ・リに代わり、ワン・ジャシルは生まれたばかりのチャミョンの胸に髪飾りを刺してしまうが・・・

第4話:

船に乗って流れていくチャミョンを険しい顔で見守っていたワン・ジャシルは、チソに甑山浦(ズンサンポ)に行き、船を発見したら沈めろと命じる。
モ・ハソを慰めに来たと告げるワン・ジャシルを、チェ・リは冷たく追い返す。
娘を亡くし悲しむモ・ハソに、チャミョンの母にはなれないが、ユ・ホンを殺した暁には朝鮮の国母にしてやると誓い、口づけをするチェ・リ。
嫉妬に満ちた目で二人の口づけを見ていたワン・ジャシルは、チェ・リの愛情はモ・ハソに譲るが、自分は権力を手にすると決意する

第5話:

ソン・メソルスの寝室で、大武神王ムヒュルは一人息子のホドンを殺すつもりだったのかと激怒しながら剣を振るう。髪を切り落とされたメソルスは、自分の息子がほしい女心を欲張りの王妃と罵倒されて腹を立てる。宮殿を抜け出したメソルスは眠っているホドンを殺そうとしたが、自分の一族を皆殺しにするつもりかという侍女の言葉に、思いとどまる。チャミョンの夢を見たモ・ハソは、ワン・ジャシルの宮殿からラヒを連れ出し、池に投げ入れようとするが・・・

第6話:

チャミョンを助けるために何かしたのかと、モ・ハソを刺激するワン・ジャシル。モ・ハソは別の男と陰謀を企てた母親は立派なのかと、ワン・ジャシルを強く非難する。ミチュとチャチャスンは、山東半島の砂浜に流れついた船の中でチャミョンとイルプムを発見。イルプムはミチュがチャミョンの体に刺さった髪飾りを抜こうとすると、手を触れるなと言い抵抗する。ワン・ゲンとチェ・リが手を組んだことを知らされた大武神王ムヒュルは、ユ・ホンよりも手強い相手だと認識し、二人の関係を引き裂くよう指示した。剣を手にしたまま眠っていたホドンは、ウルドゥジの気配で目を覚ます。ソン・メソルスがホドンの暗殺を企てていることを知ったウルドゥジは、ホドンに暗殺のことは大武神王ムヒュルには内緒にし、生き残る力をつけるべきだと忠告するのだった・・・

第7話:

大武神王ムヒュルの前で剣術の稽古をしていたホドンが、ウナルの攻撃で鼻血を出しながらも、肉親をも殺せる力をつけたいと耐え抜いた話を聞き、ソン・メソルスは大きく驚く。
王険(ワンゴム)城にいたチェ・リは、兄のワン・ゲンに王位は譲れないと言い張るワン・ジャシルに欲を捨てるよう語る。
チェ・リはマジョを呼び出し、楽浪(ナンナン)国が独立した暁には自分の首を差し出すと言った約束を果たすと言いながら、マジョに剣を渡す。しかし、マジョはチェ・リが王になるべきだと剣を返し、ワン・ゲンを倒して王位に就いてほしいとひざまずいて懇願する。
大武神王ムヒュルのもとを訪れたソン・メソルスの父ソン・オックは、しおれた花のようなソン・メソルスを廃位し、ソン・スジリョンを新しい王妃として迎え入れてほしいと言いだす。
怒りに震え、ソン・オックの前で杯を投げつけるソン・メソルス。ホドンが王になる日に、一族が皆殺しにされると涙を流すソン・メソルスを、ソン・オックが慰める。
一方、劇団で“プク”と呼ばれながら稽古をしていたチャミョンは、チャチャスンが投げた短刀に気を失う・・・

第8話:

胸の中に毒薬を隠したまま、ホドンと剣を交えるソン・メソルス。戦いの途中ホドンは、「今はスジリョンを先に始末するべきではないのか」とソン・メソルスを刺激する。ソン・メソルスはホドンの攻撃に追い込まれ「早く殺せ」と叫ぶ。ホドンは、大武神王ムヒュルに見捨てられ、王妃の座まで脅かされて死んだも同然の命は奪わないと告げ、その場を離れる。一方、モ・ハソを訪れたドンゴビは、船を見かけた者がいて、チャミョンが生きているかもしれないと報告する。チャミョンが生きていると聞かされたワン・ジャシルは激怒し・・・

第9話:

ラヒは腰の剣を抜き、ホドンの頬を斬りつける。頬を触り指についた血を確認しても、ホドンはラヒににっこりと笑いかける。そんなホドンにラヒはもっと腹が立ち・・・

第10話:

ワン・ジャシルはワン・ゲンに毒入りのお酒を勧めながら、本気でチェ・リを殺すつもりかと聞く。驚いたワン・ゲンは愚かなチェ・リの妻として生きていけるかと返しながら、自分の心に素直になれと忠告する。毒入りのお酒を飲んだ四人は口論の途中、1人ずつ倒れ始める。ワン・ジャシルがワン・ゲンを殺す場面を目撃した幼いラヒは、衝撃のあまり気を失う。ワン・ゲンが死んだという報告を受けた大武神王ムヒュルは貴族を招集し、戦争を宣布。ホドンに一番残酷な剣術を教えると言いながら、大武神王ムヒュルが剣を向ける・・・

第11話:

ワン・ゲンが殺されて激怒するモ・ヤンへは、ワン・ジャシルに向けて火の矢を放つ。
ワン・ジャシルはチェ・リにやけどを負った体を見せながら、モ・ヤンへを処刑すべきだと追い込む。
傷の手当をするモ・ハソにラヒは、チャミョンだけを気にするモ・ハソは嫌いだとすねる。
イルプムが病気になり、医者に見せようとするチャミョンだったが、ミチュにばれて怒られる。
目を覚ましたイルプムは、必ず実の両親を見つけてやるとチャミョンを慰めるが、チャミョンはその言葉に、自分を捨てた親なんていらないと泣きだす。
一方、&nbsp;大武神王ムヒュルはホドンとラヒの婚約のため、ソン・オックを特使として任命する。
懐妊を避けるため強い薬を飲んでいたソン・メソルスは、結局大武神王ムヒュルの前で気を失うことに。
チャミョンは劇団で生きているとのチソの報告に、ワン・ジャシルはすでに死んでいるべきの運命なのにとののしり、チャミョンを必ず殺すと胸に誓う・・・

第12話:

ラヒが王位継承の式典で着る衣装を選ぶワン・ジャシルとチソ。ラヒはワン・ゲンの葬式が済んでいないのに、式典を行うのはおかしいと二人を説得する。しかし、ワン・ジャシルは空いている王位が死んだ人間より大事だと言い返す。ラヒに似合う生地を選んでいたワン・ジャシルは、急に胸が締めつけられる感情に涙を浮かべるが・・・

第13話:

処刑場に引き出されるにあたりモ・ヤンへはモ・ハソに対して、先立ったワン・ゲンに会いに行くから髪を整えてほしいと頼みながら気丈にふるまう。処刑場にいたワン・ホルは、これから義姉上は私の妻だから殺すことはできないと叫んでは涙を浮かべるのだった。ワン・ジャシルはモ・ヤンへが命を取り留めると、二度と漢江(ハンガン)を渡らせるなと言って激怒する。一方、チャミョンは、ワン・ホルとモ・ヤンへの婚礼式に招かれて外国の公演が見られるため大喜びする。チャミョンとイルプムの前に現れたホゴクは、刀の使い方を教えると言う。ワン・ジャシルはチェ・リがホドンとラヒを結婚させようと提案するや、王位継承権者であるラヒを政略結婚の犠牲にはさせられないと言って反発するのだが・・・

第14話:

チャチャスンはチャミョンが楽浪(ナンナン)国に行きたがると、自分の身を守れるほど武術の腕を磨いたのだから行かせようと言ってミチュを説得する。ホゴクは血を見たことのない刀は刀ではないと言い、チャミョンが楽浪国に行くと死ぬかもしれないとの考えから反対の立場を示す。一方、大武神王ムヒュルを訪ねたソン・スジリョンは、ソン・メソルスが懐妊したことを告げ口してしまう。怒った大武神王ムヒュルは、即座に派兵して逃げるソン・メソルスを捕らえるよう命じるのだが・・・

第15話:

大武神王ムヒュルからソン・メソルスの首を取ってこいと命じられたホドンは、ソン・メソルスを守ろうとするソン・オックに掛け合うことになる。
大武神王ムヒュルは、ソン・メソルスを殺すべきではないと主張しながら、沸流那(ピリュナ)族には絶対にかなわないと訴えるウルドゥジに対して激怒するのだった。
ホドンが首を取りに来ることを恐れていたソン・メソルスは服毒自殺を図るのだが、ホドンから見逃してもらうことができたため安心する。
一方、ワン・ジャシルは王太女への任命式を控えたラヒに、王を誘惑する方法を学ぶよう忠告する。
チャミョンの生死を探っていたモ・ハソは、チャミョンの体に刺さっていたワン・ジャシルのサンゴのかんざしを目にして落胆してしまう。
チェ・リは王子を作ろうと言って慰めるのだが、モ・ハソはラヒを立派な王太女に育て上げると誓って涙を流す。

第16話:

チャミョンはテチュに近づいていって突然ぶつかると、瞬く間にテチュの懐から通行証を抜き取り、自分の袖の中に隠す。その場面を目撃したホドンは、チャミョンが逃げたためテチュに懐を確認させる。通行証を盗まれた事実に気付いたテチュはチャミョンを追いかけるのだが・・・

第17話:

チャチャスンが、自分は病気にも耐えられない人間だと言って申し訳なさそうにすると、チャミョンは悲しそうに笑う。イルプムは、おばさんはお金が好きだが他人の物に手を付ける人ではないから、お前の仕業じゃないことを願っているとソソに言い残して出ていくのだった。一方、イルプムはホゴクにラヒを殺す意志を伝えるが、ホゴクはチャミョンにやらせると言って制止する

第18話:

宴会の開始を告げるユ・ルンの言葉に続いて太鼓の音がけたたましく鳴り響き、ラヒとユ・ルンが着席するとチャミョン、チャチャスン、イルプムの3人が前に出てくる。チャチャスンがラヒにあいさつをすると、「喜々楽々」技芸団しか来ていないのかと問われたためチャチャスンはラヒが自分たちを覚えていたことに驚いてしまう。一方、ラヒはチャミョンを見てプクかと聞くのだが・・・

第19話:

ラヒが来るころだから外に出ろと言うホドンに対して、チャミョンは2人の面倒を見るのだと答える。チャミョンは楽浪(ナンナン)国の王女に伝えたいことがあると言うのだが、ホドンは王女と話せる立場ではないと冷たく言い放ち追い返そうとする。チャミョンは目もくれないホドンの姿を見つめたあと戸を開けて出ていくのだが・・・

第20話:

ソン・メソルスは、自分とホドンの争いには誰も関わらせないと言って、ソン・オックに抵抗する。だがソン・オックは、今回は単にホドンとソン・メソルスの争いではなく、大武神王ムヒュルとソン・オックの争いだとしてソン・メソルスのほおをはり倒すのだった。履物を脱いだホドンはチャミョンに熱湯をためるよう命じる。料理長にふんした鮮卑(ソンビ)族たちはホドンの食べ物に毒を盛る。ワン・ジャシルがチャミョンを殺すべきだと言うと、ワン・ホルは王后の娘をむやみに殺せないと反対して譲らない。一方、ラヒはホドンが気に入ったのかと聞くチェ・リに、楽浪(ナンナン)国のためになる結婚をすると答えるのだが・・・

第21話:

ソン・ガン、副官、チョム・ソイと鮮卑(ソンビ)族の兵士たちはホドンを追っており、チャミョンは木の上で葉の間に身を隠している。チャミョンは偽装のために積んでおいた枝をどかすと深い穴を掘ってホドンを寝かせ、その口からススキの草を取り出して体を起こす。一方、ホドンの呼吸は荒くなっていくのだが・・・

第22話:

ソン・メソルスは激しい陣痛の末に王子を産むと、自分でへその緒を切ると言って刀を持ってこさせる。大武神王ムヒュルは暗い表情を浮かべ、腹を立てたソン・スジリョンは花瓶を投げて粉々にしてしまう。生まれたての王子を大武神王ムヒュルの所に連れていったソン・メソルスは刀を取り出して、高句麗(コグリョ)の王子として認められないのなら子どもを殺してほしいと頼み頭を下げるのだった。一方、精神統一をしていたチャミョンは、胸を刺そうとした者がかすかに見えたと言って興奮する。一方、高句麗の使臣として来たモ・ヤンへはチャミョンに会うなり、うれしそうに笑ったあと意味深な笑みを浮かべるのだが・・・

第23話:

ソン・メソルスは、ホドンとラヒの縁談を壊す条件としてワン・ジャシルがチャミョンを要求してきたことに疑問を抱き、心理戦を展開することになる。
モ・ヤンへはチャミョンを呼んで素性について問いただす。チャミョンはワン・ジャシルと会った瞬間、過去の因縁がパノラマのように浮かんできて、ついには欄干の所で倒れてしまう。
ワン・ジャシルはチソに、チャミョンの胸のひもをほどいて傷を確認するよう命じる。
一方、ワン・ジャシルのせいでホドンとラヒが破談になったという報告を受けた大武神王ムヒュルは激怒して、直ちに楽浪(ナンナン)国の王女を生け捕りにしろとの命令を下すのだった。

第24話:

ラヒはハホゲとプダルから下がるよう要請されたが、それを無視してチャミョンと一緒にいるホドンをにらみつける。ワン・ホルは衝突が起こり一刻を争う状況下で、ワン・ジャシルによるチャミョンを殺すべきだという主張と、モ・ヤンへによるチャミョンを連れてこいという怒号のはざまで悩んでしまう。一方、大武神王ムヒュルは勝報が届かないため、チェ・リの持つ寄せ集めの兵など一撃で壊滅させられないのかと怒る始末。また決闘後のラヒが正体を問うと、チャミョンは楽浪(ナンナン)国で捨てられた高句麗(コグリョ)の護衛武士だと答える。

第25話:

ワン・ホルはチャミョンの絵を見て驚がくし、チェ・リはチャミョン、イルプム、ウナルの絵を見るなり3人の首を斬ってこいと命じるのだった。トンゴビは絵を持ってモ・ハソの元に駆けつけ、女がイルプムを兄と呼んでおり、それがプクだと言う。一方、ワン・ジャシルはソン・メソルスにチャミョンを殺してほしいと頼むのだが・・・

第26話:

チャミョンはラヒに仕えることになったとあいさつをするのだが、それに対してラヒは、楽浪(ナンナン)国の将軍を殺した者にあいさつなどされたくないと言って不快な態度を取る。一方、チャミョンはチソのツボを押すとともに脈を確認する。そして天然痘にかかった女官長と相部屋だったにもかかわらず元気なチソに疑いを抱くのだが・・・

第27話:

モ・ハソはホゴクに、乳を飲ませることなく娘と生き別れてしまったと言い掛け軸の絵を見せながら、この子がチャミョンかどうかだけを教えてほしいと頼み込む。ホゴクは、その現場を隠れて見ていたワン・ジャシルに気付いたため、それは答えられないと言うのだがモ・ハソはホゴクの視線の先にワン・ジャシルを見つける。一方、ワン・ジャシルはモ・ハソに、チャミョンが帰ってきても絶対に王女とは認めないと言うのだが・・・

第28話:

ラヒを逃がしたと知った大武神王ムヒュルは激怒して、ホドンにしょく台を投げつける。ソン・オックは、ホドンに裏切りの心がなければ王様の命令に背きはしなかったはずだと言って大武神王ムヒュルをあおり立てる。大武神王ムヒュルは王の意に従わず粘るホドンに軟禁を命じ、ソン・メソルスは満足げにほほえむのだった。逃げていたラヒはウナルの兵に追われて捕まりそうになるが、木の上に隠れていたチャミョンの助けを借りて危機を脱する。一方、ワン・ジャシルはホゴクの口を封じるために、毒の入った薬を飲ませようとしてモ・ハソに見つかってしまう。ワン・ジャシルはチャミョンを王女として認められないと叫び、自分を殺すのなら楽浪(ナンナン)国を分裂させてからにしろとモ・ハソを脅すのだった。

第29話:

兵士たちと共に王宮へ向かうチェ・リをチャミョンが懐かしげに見つめる。ワン・ジャシルがトスギを呼びつけると、トスギは王様が罰を与えるだろうにあえてハホゲ将軍を殺した罪人を連れてこいと命じる理由は何なのかと問う。ワン・ジャシルはトスギに、お前の手に王太女ラヒの生死が懸かっているのだと言って、すぐに兵士を連れてプクを殺してこいと命じるのだった。一方、チャミョンが殺される姿を確認するために、ワン・ジャシルがトスギの後を追ってコクプンへ向かったという知らせを聞いたモ・ハソは、護衛を連れてワン・ジャシルを追いかけるのだが・・・

第30話:

チェ・リの前に立ったワン・ジャシルは天文官チャムクの予言を忘れてはならず、チャミョンを殺さなければならないと主張する。モ・ヤンへは、楽浪(ナンナン)国を滅亡させる者がラヒである可能性もあると言い返す。チャミョンが、楽浪国と高句麗(コグリョ)が戦を繰り広げる夢を見て楽浪国の運命を知ったのだと告げると、ワン・ジャシルはまだ反逆の言葉を聞かねばならぬのかと言って暴れるのだった。モ・ハソは、王宮の前に集まった民衆が楽浪国の罪人チャミョンを殺せと叫ぶ姿を見て困り果てる。一方、ホドンが楽浪国に向かったとの報告を受けた大武神王ムヒュルは、ホドンが戻ってこないと言うなら首を斬れと命じるのだが・・・

第31話:

チャミョンはホドンにワン・ホルと結婚することを伝え、ホドンの寂しさや王位への野望などは共有しがたいのだと告げる。しかしホドンはチャミョンが本音を隠していると思って信じようとせず、チャミョンはホドンの手に笛を握らせて、ワン・ホルに合図を送るのだった。一方、ラヒはホドンが自分に会いに来たと信じて、馬を駆るのだが・・・

第32話:

天文官チャムクはチャミョンにワン・ジャシルを殺さないよう頼むのだが、チャミョンは最後まで自分に毒を飲ませようとしたジャシルだけに、今後も悪行の限りを尽くすだろうから殺されて当然だと答える。天文官チャムクは、ワン・ジャシルは自分にとって愛とあわれみの対象だと言い、命を助けてくれれば楽浪(ナンナン)国を救う方法を教えると持ちかける。一方、ワン・ホルはワン・ジャシルに対して、チャミョンに毒を盛ったのかと言って怒るのだが・・・

第33話:

ホドンはワン・ホルに卒本(チョルボン)を脱出してきたため楽浪(ナンナン)国に亡命したいと要請するのだが、ワン・ホルは真意が分からないためホドンの言葉が信じられないと答える。ウナルは兵士たちに、ホドンの首だけを城に持ち帰ればいいから、その場で殺してしまえという大武神王ムヒュルの言葉を伝え・・・。

第34話:

チェ・リをはじめとした楽浪(ナンナン)国の高官たちの前でひざまずいたホドンは、自分の境遇を悲観したテチュによる自害の申し出を拒む。チェ・リ、モ・ハソ、ワン・ジャシル、モ・ヤンへはホドンの扱いについて話し合いを持つ。それを見ていたラヒは、楽浪国はいつから巫女プクの国になったのかと言って、どなりつけるのだった。ラヒはチャミョンのことを絶対に許さないと言うと、戦闘服に着替えてチャミョンのいる神堂へと向かう。チェ・リは、ラヒとホドンを結婚させようというモ・ハソの頼みを聞き入れる。ホドンが楽浪の民として生きるための儀式が行われるとの知らせを聞いた大武神王ムヒュルは激怒する。そして兵士に楽浪国を攻撃しろと命じるのだが・・・

第35話:

ソン・メソルスの助けを借りてよろいを着た大武神王ムヒュルは、自鳴鼓がないことを必ず明らかにして帰ってくると告げる。
祈りをささげていたチャミョンは楽浪(ナンナン)の地を汚す高句麗(コグリョ)の兵士たちは1人も無事に帰れないだろうと予言するのだった。
大武神王ムヒュルと兵士たちが川を渡ると自鳴鼓が鳴り始め、大勢の兵士たちは鼓膜を破られたあと溺れて死んだ。
神堂にチャミョンを訪ねてきたホドンが自鳴鼓を見せてほしいと頼むのだが、チャミョンは王子には神器を目にする資格がないと言って拒絶する。
ホドンがチャミョンと一緒にいる姿を見たラヒは、まだチャミョンを愛しているのかと問うのだが・・・

第36話:

自鳴鼓のおかげで高句麗(コグリョ)との戦があっけなく終わると、ラヒは楽浪(ナンナン)国のために巫女が大きな仕事をやってのけたと言って褒める。大武神王ムヒュルがホドンに会いたいと言うと、楽浪国の参謀たちは監視を付けるべきだと主張する。2人の密談を盗み聞きしに行ったラヒは、大武神王ムヒュルが投げた短刀をよけると、王宮に戻る前の王様にあいさつがしたいから来たのだと言ってごまかすのだった。王宮に戻った大武神王ムヒュルはソン・オックを朱蒙祠堂(チュモンサダン)に呼んで兵士を要求する。ソン・オックはヘエウ王子を太子に立ててくれるなら兵士を出すと応じるのだが・・・

第37話:

ホドンがチャミョンに、なぜ笛を吹いたのかと聞くと、チャミョンはタカを呼ぶためだと答える。そしてタカが運んできた物だと言って、茶卓の上にある大武神王ムヒュルが送ってきた布を見つめる。内容を読んでほしいと頼むと、ホドンは自鳴鼓を見て父上が病気になったそうだとうそをつく。一方、ラヒは練習着に着替え、結婚式でかぶった花の冠を床に投げ捨てると、新婚初夜にいるべきホドンがいなくなったと言って捜しに出るのだが・・・

第38話:

タホテがホドンに、「楽浪(ナンナン)国には自鳴鼓があるのに、どうして攻められようか」と言うと、兵士たちは動揺する。「死ぬのが怖いのか」と問うホドンに、タホテは、「天の怒りを買いたくない」と答えるのだった。一方、自鳴鼓の前で、ラヒとチャミョンが決闘を繰り広げるのだが・・・

第39話:

ホドンは、沈痛な面持ちで髪をほどき、チェ・リの首を斬った刀を拭くと、丁重に額に当ててささげる。ホドンは、チェ・リの最後の姿を思い浮かべ、髪を引っ張りながら苦しむのだった。ふと顔を上げたホドンの前に、チャミョンの幻が浮かんで見える。一方、モ・ハソはラヒに、「楽浪(ナンナン)国から出るように」と言うのだが・・・

    ↑  ↑  ↑
FODなら1ヶ月無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です