パスタ無料動画配信チェック【1話〜最終回】韓国ドラマ

パスタ 無料動画

    ↑  ↑  ↑
U-NEXTなら31日間無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

 

ここでは韓国ドラマ『パスタ』の動画配信情報をまとめています。
『パスタ』のフル動画が無料視聴できる動画配信サービスをお探しの方は、ぜひ参考にして下さい。

また、第1話から最終話まで全20話のあらすじや、各キャストが出演する他の作品もピックアップしていますので、お気に入り作品を見つける際にも役立てて下さい。

当サイト紹介サービス一覧
動画配信サービスFOD / U-NEXT / Hulu / TSUTAYA TV / Amazonプライムビデオ / dTV / ビデオパス
動画共有サイトYou Tube / PandoraTV / Dailymotion / Youku

『パスタ』無料動画配信情報

動画配信サービス

各動画配信サービスの『パスタ』配信状況です。
どれも無料期間が設けられていますが、一度登録したことのあるサービスは適用されませんのでご注意下さい。 複数のサービスで配信されている場合は、過去ご利用になっていないサービスを選択するのをおすすめします。
※「サービス名」をクリックで各公式サイトにアクセスできます。

サービス名 配信状況 無料期間
(初回のみ)
FOD
(2020年01月31日まで)
初回2週間無料
U-NEXT
(2020年1月25日まで)
31日間無料
Hulu × 2週間無料
TSUTAYA TV × 30日間無料
Amazonプライム × 30日間無料
dTV 31日間無料
ビデオパス × 30日間無料

※2019年10月の配信状況

 

動画共有サイト

ここでは動画共有サイトへの検索リンクを紹介しています。

共有サイト名 検索リンク
YouTube YouTubeでチェック
PandoraTV PandoraTVでチェック
Dailymotion Dailymotionでチェック
Youku Youkuでチェック

※上記サイト自体は違法ではありませんが、ウイルス感染の温床になっていることが問題視されています。
現在ではダウンロードせず視聴するだけなら違法にならないものの、よほどの理由がない限り視聴するのは避けるべきでしょう。
あくまでも自己責任でご利用下さい。

 


より安全に観るならコチラ!

    ↑  ↑  ↑
U-NEXTなら31日間無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

『パスタ』キャストの他作品の配信状況

ここでは『パスタ』の主要キャストが出演しているドラマや映画など、他作品をピックアップしています。
各作品ごとに無料配信している動画サイトも合わせて記載していますので、出演俳優&出演女優ファンの方は下記の作品も合わせてチェックしてみて下さい。
すべての動画配信サービスをうまく利用すれば、無料期間だけでも相当楽しめると思います。
「サービス名」クリックで各公式サイトにアクセスできます。

イ・ソンギュンの出演作品一覧

FOD>>>
コーヒープリンス1号店 | ミス・コリア | 今週妻が浮気します

U-NEXT>>>
コーヒープリンス1号店 | ミスコリア | 今週妻が浮気します | 2人だけのプレイバック 「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」 | 教授とわたし、そして映画 | 最後まで行く | ソニはご機嫌ななめ | ヘウォンの恋愛日記

TSUTAYA>>>
今週妻が浮気します | ミス・コリア | ロマンチック・アイランド | 俺たちの街

dTV>>>
コーヒープリンス1号店

 

コン・ヒョジンの出演作品一覧

FOD>>>
主君の太陽 | プロデューサー | プロデューサースペシャル | ありがとうございます | サンドゥ、学校へ行こう!

U-NEXT>>>
嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~(ノーカット版) | 主君の太陽 | 大丈夫、愛だ | 最高の愛 ~恋はドゥグンドゥグン~ | プロデューサー | ありがとうございます | プロデューサー スペシャルエディション | 女は冷たい嘘をつく | K-STAR NEXT 映画『ペンバン』制作発表記者会見 | サンドゥ、学校へ行こう!

Hulu>>>
エターナル | 女は冷たい嘘をつく | ブーメランファミリー

TSUTAYA>>>
プロデューサー | 乾パン先生とこんぺいとう | プロデューサースペシャル

dTV>>>
嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~【TBSオンデマンド】 | エターナル | 乾パン先生とこんぺいとう | イケメンラーメン店 | 女は冷たい嘘をつく | 主君の太陽 | プロデューサー

 

アレックスの出演作品一覧

U-NEXT>>>
僕には愛しすぎる彼女 | 私たち結婚しました1 ヒョンジュン、ファンボ編 | 僕には愛しすぎる彼女 メイキング

dTV>>>
笑ってトンヘ

 

パスタの詳細情報

キャスト

イ・ソンギュン/コン・ヒョジン/アレックス/イ・ハニ

 

あらすじ

ストーリー

イタリアンレストラン「ラ・スペラ」を背景に一流シェフを夢見るヒロインの波乱万丈な成功への物語が始まる!厨房で補助の仕事をしているソ・ユギョン(コン・ヒョジン)が気難しい料理長チェ・ヒョンウク(イ・ソンギュン)の元で苦労しながらも、シェフとして成長していく。レストランで繰り広げられる様々なストーリーとともに、一皿のパスタをお客様に召し上がっていただくまでの戦争のような厨房を実感できるように演出されています。

第1話:

今夜もイタリアレストラン「ラ・スフェラ」は大盛況で、厨房は戦場さながらである。ここで務めるソ・ユギョンは、いつかフライパンを握りパスタを作ることを夢見る厨房助手3年目。新しく厨房助手を雇いやっとパスタ担当のアシスタントとして、フライパンを握ることになった。翌日、いつもどおり食材を仕入れにいったユギョンは、市場で金魚をもらう。食材と金魚を抱え横断歩道を渡っていたとき、誰かとぶつかり金魚を落としてしまう。そこに現れた男性が金魚を助けてくれ、店まで荷物を運んでくれた。その男性が新しく雇われたスタッフと知ったユギョンは、てっきり厨房助手だと思っていたが、実は新しく就任した料理長チェ・ヒョヌクだった。ヒョヌクは自分の厨房には女はいらないと、女性調理師をすべて解雇してしまう。だがヒョヌクは解雇したユギョンに自分と恋愛しようと言うのだった。

第2話:

自分と女性調理師を解雇しておいて、恋愛しようというヒョヌクが理解できないユギョン。だが「ラ・スフェラ」で調理師になることをあきらめられないユギョンは、家に帰らず店のヒョヌクのロッカーで夜を明かし、何もなかったかのように、仕事を始める。女の調理師を解雇したことでランチタイムの厨房は、メニューをさばけずに大騒ぎだった。そこでヒョヌクは雇うために呼んでいた若手のスタッフを急遽厨房に入れ、ランチタイムを何とかさばききった。その後の休憩時間に常連客であるキム・サンが現れ、ユギョンにパスタを出前してくれるよう頼んできた。それを知ったヒョヌクは、自分のパスタとユギョンのパスタを配達し、お客が選ばれなかったほうが店から出て行くことを提案する。サンにパスタを届けたが、そこにオ・セヨンが現れた。実はヒョヌクとセヨンは以前、恋人だったのだ。思ったとおりヒョヌクのパスタが選ばれ、ユギョンはまた解雇を言い渡された。

第3話:

実力で敵わなかったユギョンは、仕方なくその夜を最後に店を出て行く。ユギョンが「ラ・スフェラ」に就職したのは、母の死と関連していた。ガンを告知された母が最後にユギョンと行こうとしていた店が「ラ・スフェラ」だったのだ。母の死後ユギョンは、調理師学校に通い、「ラ・スフェラ」で勤めるために無銭飲食をし、その代わりに働いて返すことで厨房助手として店に入ることになったのだった。店を去ったユギョンはパスタ作りの練習に励むが、思うどおりにいかない。そこで「ラ・スフェラ」に客として訪れ、シェフを呼び出しこの味を出せる秘訣を教えろというが、ヒョヌクは冷たく追い出す。今もヒョヌクを忘れられないセヨンは、よりを戻したくてユギョンたちが使っていた社員寮の部屋へ越してくるつもりでいた。厨房助手を応募していたが、最終的に料理のオーディションで選ぶことを提案したヒョヌク。それを知ったユギョンはそのオーディションに参加するのだった。

第4話:

冷めてもおいしいのが味の決め手だとヒョヌクの言葉でわかったユギョンは、母と食べるはずだったアーリオ・オーリオをオーディションで作り、ヒョヌクに認められパスタ担当として復職することになった。だが厨房の騒ぎはまだ終わっていなかった。ヒョヌクはメニューからフォアグラと付け出しのピクルスを排除し、パスタのソースも減らすことを申し出る。それだけは受け入れられない副料理長はフォアグラの注文を受け、ソル社長は材料の仕入先から元シェフに払われた裏金のことでユギョンを脅し、担当であるピクルスを作らせる。そのことでヒョヌクに追い出されかけたユギョンは、ヒョヌクが正しいと知っていてもピクルスを作るしかなかった。社長に脅されていたユギョンは、果物を使ってピクルスを作るのだった。その時、裏金のことを知ったヒョヌクが現れ、玉子の仕入れ担当はユギョンだろと確かめるのだった。

第5話:

裏金を自分がくすねたと疑われているユギョンは無実を訴えるが、誰も信じてくれない。ヒョヌクは裏金の真相を暴くため、ユギョンと一緒に仕入れ先に行くが、そこで社長が裏金の事実を知っていることに疑問をもつ。その夜、店にイタリア領事が食事に来ることになった。ユギョンの予想通り、領事は唯一食べていなかったボンゴレを頼んだ。その味に感動した領事から贈られたワイン。その場にいたセヨンとヒョヌクの顔色ガ変わった。それはイタリア時代に、ヒョヌクがコンテストで使った銘柄。セヨンがそのワインをこっそり傷ませ、コンテストを勝ち取ったのだった。次の日、ヒョヌクは会議中に合図したら電話しろとユギョンに番号を渡す。合図と同時にかけた番号はヒョヌクの携帯だった。ヒョヌクは元シェフからの電話だと装い、裏金は社長がくすねたと告白させたのだった。そして社長に解雇を申し渡すヒョヌク。その様子を本当のオーナーであるサンが見ていた。

第6話:

ソル社長が裏金をくすねていたことで、陰で見守っていたサンは、ソル社長を解雇し社長として店に姿を現した。サンが本当の社長だと知ったユギョンは騙されたと激怒する。そしてサンは3日間店を閉め、3日後の夕方に、シェフから助手まで同じ条件で、新メニューのコンテストを行うという。戸惑いながらも新メニューの準備に励む調理師たち。ユギョンも新メニューを開発しようと鮮魚市場に来ていたが、そこでヒョヌクと偶然会う。材料費の制限があるため、天然物のカワハギを買えないでいたユギョン。ヒョヌクもまたカワハギの肝がほしいのだが、コストオーバーで悩んでいた。そこでユギョンは漁港に行き、安く仕入れ身と肝をそれぞれ使おうと提案する。先に漁港に来ていたユギョンは、漁師に勧められお酒を飲み少し酔っていた。そこにヒョヌクが現れたが、酔ったユギョンを避けようとして海に落ちてしまったヒョヌク。こうして2人は漁港で夜を明かすのだった。

第7話:

サンが提案した新メニューの開発のために一緒に東海でカワハギを仕入れたヒョヌクとユギョン。いよいよ新メニューのコンテストが始まるが、サンはヒョヌクをホテルでの行事に出張させ、その代わりにセヨンを参加させる。1次審査を突破し2次審査で同点だったユギョンとセヨン。サンは最終審査をヒョヌクにゆだねた。2人の新メニューを味見したヒョヌクは、セヨンの勝ちをつげる。セヨンに負けたことより、セヨンとヒョヌクの関係を感づきショックを受けるユギョン。落ち込んでいるユギョンをサンは慰めるが、その帰りにマンションでセヨンとヒョヌクに遭遇する。セヨンのヒョヌクへの気持ちとユギョンの気持ちを察していたサンは、セヨンとヒョヌクのやりとりをユギョンに見せまいと、おどけてその場を何とかしのいだ。

第8話:

新メニューが決まり営業を再開した「ラ・スフェラ」だったが、新メニューのコンテストで優勝したセヨンも一緒に働くことになった。そのことに納得できないヒョヌクは営業時間にもかかわらず厨房から出ていってしまう。ヒョヌク不在でてんてこ舞いだった1日。ユギョンはヒョヌクに会いにいき説得するが、ふざけるだけのヒョヌク。その帰りに下ごしらえをしに店に戻ったユギョンは、冷蔵室のドアが故障しているのを知らず、冷蔵室に入り閉じ込められてしまう。助けも呼べないユギョンは、凍え死にするのを怖れ、冷蔵室の電源を切り食材をダメにしてしまう。翌日、何とか食材をかき集め営業することができたが、ユギョンは責任を感じていた。そんなユギョンを食事に誘ったヒョヌクだが、ユギョンは食事の席から飛び出してしまう。ヒョヌクへの気持ちを知りながら、自分を責めたり褒めたり戸惑わせるヒョヌクに腹を立てていたのだった。

第9話:

食堂から飛び出したユギョンを追いかけたヒョヌクは、自分がユギョンを好きになってはいけない理由を考えろとユギョンに言う。一方「ラ・スフェラ」の厨房ではセヨンが入ったことで、一貫性を保てずもめていた。ユギョンもセヨンとヒョヌクの間で迷惑を被っていた。一応パスタラインをセヨンが担当することになったが、調理法のことでヒョヌクとぶつかってしまう。そんな時、セヨンがフライパンを取ろうとすると並んでいたフライパンがコンロに落ちてきた。調理中の油が飛び跳ねる瞬間、ユギョンはヒョヌクを押し自分がヤケドしてしまう。それを知ったサンはユギョンを病院へ連れていく。治療を終え、医者の言うとおり点滴をしていると、そこにヒョヌクも点滴を打ちにやってきた。ヒョヌクはユギョンが気になり様子を見にきたのだった。

第10話:

病院のベッドで横になっているユギョンとヒョヌク。ヒョヌクもユギョンが好きだったが、その気持ちを隠していたのだった。パスタラインを担当するセヨンが、野菜のだしからチキンだしに替えろという。それに納得いかないドクたち3人は、店を飛び出してしまう。彼らを追ったユギョンも一緒に車に乗せられてしまう。ヒョヌクはユギョンに彼らをディナー時間までに連れ戻さないと許さないと告げる。復職していたソルがチャンスだと思い、解雇された女性調理師たちを手伝わせるために呼び寄せる。ドクたちとユギョンも戻ってきたが、ヒョヌクはドクたちではなく解雇した女性調理師を厨房に立たせた。閉店後にお酒を飲み、下ごしらえのために厨房に戻ったユギョンとヒョヌク。そこでヒョヌクは自分もユギョンが好きだと告白するのだが、助手のウンスに見られていたのだ。

第11話:

ウンスに見られているのも知らずに、自分の気持ちを告白したヒョヌクは、こっそりつき合おうとユギョンに言う。2人の仲を知ったウンスは、ヒョヌクを信じられなくなっていた。罰を受けドクたちが戻ってきた厨房では相変わらずヒョヌクの罵声が飛んでいた。そんな時、ある投資家が副料理長を新しいレストランのシェフとしてスカウトに来た。いい機会だと思った副料理長はホナムたちも連れ「ラ・スフェラ」を去ろうとしていた。だがスカウトした投資家はスンジェの代わりにパスタ担当を1人連れてくるのが条件だと申し出る。そこでユギョンを誘うがユギョンは断わるのだった。スカウトのことをセヨンから知らされていたヒョヌクもまた悩んでいた。ユギョンとのことを隠したまま、罪悪感もなく自分をののしるヒョヌクの態度に耐えられなくなったウンスは、営業前の厨房で話があると言いだすのだった。

第12話:

突然、みんなの前で辞表を出すと言いだしたウンス。ヒョヌクは自分の部屋にウンスを連れていき理由を聞こうとするが、そこでユギョンとの仲をウンスが知っていることを聞かされる。ウンスが飛び出したことで、また助手を務めることになったユギョン。やっとフライパンを握ることができたのに、また助手に戻されてしまったユギョンは何とかウンスを説得し連れ戻そうとする。ユギョンを思うとウンスを連れ戻したいヒョヌクだが、ユギョンとの仲を知るウンスを連れ戻すことには戸惑いがあった。ユギョンのつらさを知るサンは、以前一緒に行ったプールに誘い慰めるのだった。ヒョヌクはウンスが2人の仲を知っていることをユギョンに話し、2人でウンスの口を封じ連れ戻そうと提案する。そしてウンスの家でウンスの帰りを待っていたが、2人して眠ってしまう。その姿を見たウンスは、腹を立てるのだが調理師になるため、戻ることを決めた。

第13話:

ヒョヌクとユギョンの説得で戻ってきたウンス。ユギョンとヒョヌクが明け方一緒に帰ってくるところを見たセヨンは、ユギョンに自分とヒョヌクがイタリアにいる頃、恋人だったことを打ち明け、またよりを戻したいと告げるのだった。セヨンの告白にショックを受けたユギョンは、厨房で自分とユギョンを比較されることに落ち込むのだった。公私混同ではないとわかっていても好きな人に叱られていると感じてしまうユギョン。ユギョンへの思いを隠しきれなくなったサンは、自分の存在を明かそうと決心する。サボテンの写真の送り主がサンだとわかったヒョヌクは、ユギョンが会いに行こうとするのを止めるが、ユギョンは会いに行くのだった。だがミスターサボテンであるサンは男としてユギョンの前に現れることに怖気づき結局現れなかった。

第14話:

ヒョヌクとユギョンはみんなに隠れて恋愛をしていたが、バレンタインのチョコレートをヒョヌクにあげるところをミヒたちに見られてしまう。ユギョンのカードを見て2人の仲を疑ったミヒたちにユギョンは、自分の片思いだと告げるがヒョヌクは交際していることを否定しなかった。ミヒたちからホナムたちに伝わり、店中にユギョンとヒョヌクが恋人だという噂が流れた。真実を追究する同僚たちに自分の片思いだと言い張るユギョン。だがみんなの疑いは晴れなかった。そのことを知ったソル社長は、ヒョヌクを追い出そうと企んでいた。その頃ホナムの願い出でユギョンが前菜担当に回されることになった。ヒョヌクは調理師としての経験になると思っていたが、ユギョンは不満だった。ユギョンの希望どおりパスタ担当に戻してやると言うヒョヌクに対し、自分の実力で戻るというユギョン。そんなユギョンが愛らしくて思わずバス停でキスをしてしまうヒョヌク。その現場をソル社長が目撃していたのだった。

第15話:

ユギョンとヒョヌクがキスしているところを目撃したソル社長は、サンに打ち明けヒョヌクを解雇するよう言うが、サンはそんな理由で解雇できないので、黙っているようソル社長に言う。いつかヒョヌクに仕返ししようと企んでいたソル社長は、イタリア派のほうが国内派より月給が高いことを明かし、ヒョヌクが厨房スタッフから反感を買うよう仕向ける。月給のことを知ったソクホたちはヒョヌクに文句を言うが、ヒョヌクも知らない事実だった。だがそんなソル社長もホールの下っ端である今でも最高額の月給をもらっていた。そのことをウンスから聞かされたヒョヌクは、サンにソル社長の月給を下げ国内派の調理師たちの月給をあげるよう申し出る。サンはその言葉のとおりソル社長の月給を下げると告げるが、それに激怒したソル社長が、ユギョンとヒョヌクの仲を暴露してしまう。問いただされたヒョヌクは、みんなの前でユギョンとの仲を認め、厨房を去ると告げるのだった。

第16話:

ヒョヌクのいない厨房ではセヨンが指揮を取り何とかディナーをこなしたが、イタリア派のドクたち3人は、ヒョヌクのいない厨房では働けないと次の日から出勤しなくなった。ユギョンにも店を辞めるよういうヒョヌクだが、ユギョンは辞めようとしない。どこへ行ってもヒョヌクの足手まといになるだけの自分が、ヒョヌクと一緒に立てる厨房は”ラ・スフェラ”しかないと知っていたからだ。ヒョヌクが厨房から去った次の日、ヒョヌクとセヨンの師匠であるシェフが店に現れた。そして2日後までにセヨンとヒョヌクの高麗人参のパスタを食べされろと注文する。だが当日も現れないヒョヌクに変わって、高麗人参のパスタを1人で研究しマスターしていたユギョンが作ることになる。そこでセヨンはイタリアの大会でヒョヌクに勝つためワインを故意に傷めなくても、自分が勝っていたことを知らされる。ショックのあまりセヨンは店を飛び出すのだった。

第17話:

自分の力を信じられなかったのが、何よりの罪だと知ったセヨンは姿を隠してしまった。セヨンもいない厨房のためにサンはヒョヌクに戻るよう説得する。そしてヒョヌクもイタリアへの誘いを断わり”ラスフェラ”に戻ってきた。だがユギョンとヒョヌクが恋愛している以上、ヒョヌクの舌が公平さを失った瞬間にユギョンを解雇するという約束をさせられるのだった。そんなある日、前菜担当のユギョンが作った貝柱のソテーから雑臭がすると苦情が出る。ヒョヌクが通したユギョンの料理に苦情が出たことでヒョヌクの立場が悪くなる。そしてヒョヌクもよりユギョンの料理に対して厳しくなるのだった。やり直せと言われる日が続いていたある日の夜、突然ユギョンの父親が店にやってきた。ユギョンを好きだという2人の男を物色するためだった。そこでユギョンに最近よく作る料理を作らせるのだが、ヒョヌクがダメ出しをする。何度も何度も作り直せと言われるユギョンの姿に悲しむ父親だが、意外にもヒョヌクを気に入り、一度自分の店に娘と一緒に来るよう言うのだった。

第18話:

料理のランクづけをする記者が店に現れレアのステーキを注文したが、それに対して悪い評価をもらう。それを改善しようと、ヒョヌクは肉の下ごしらえを指示するがソクホたちは応じない。大会に出るための練習時間を優先しようとするソクホたち。以前から彼らが大会に参加することを知っていたヒョヌクは、厨房で練習ができないようにカギをかけてしまう。その頃、自分の過ちをすべて告白し、どん底に落ちたセヨン。そんなセヨンを助けるためにヒョヌクは、記者に自分はセヨンを許し認めていると告白する。その姿を見てセヨンはヒョヌクをあきらめ、一から料理人としてやり直すとことを決心するのだった。ユギョンはソクホたちが出る大会のマネージャーシェフを務めてくれとヒョヌクに頼むのだった。自分と同じようにちゃんと学べなかった者の気持ちをヒョヌクに教え、手を差し伸べるよう告げるユギョン。そんなユギョンに説得されヒョヌクはソクホたちのマネージャーシェフを引き受けるのだった。

第19話:

自分がマネージャーシェフになり、正式にソクホたちを“ラ・スフェラ”の代表としてニューシェフ大会に参加させる準備を始めたヒョヌク。そしてユギョンを補欠選手として選び、イタリア派の3人に格パートの練習の補助をしろと言う。敵対しながらも大会の練習によって厨房スタッフが団結し始めていた。だが通常営業を終えてからの練習は過酷なもので、ホナムは手首を傷めてしまっていた。フライパンを握れなくなるのを怖れていたヒョヌクの心配が的中し、大会本番で、手首の負傷によってフライパンをひっくり返してしまったホナムはヤケドしてしまう。失格の危機を脱するために、ヒョヌクはホナムとユギョンを交代させる。ユギョンの機転によって残された時間でイカのパスタを完成させたソクホたち。後は審査結果を待つだけだった。

第20話:

ホールを埋めた大勢のお客。厨房は今日も慌しい。だが以前と違い、スタッフ全員は自信に溢れ1つになっていた。ニューシェフ大会で優勝したのだった。だがケガで途中欠場したホナムに代わったユギョンは、優勝チームに与えられるイタリア留学に行くべきか悩んでいた。ユギョンを行かせたくないヒョヌクだが、シェフとしてそれを口にできない。そんなある日ユギョンの父の店に行ったユギョンとヒョヌク。ユギョンの父はヒョヌクを置いて海外行く必要はないとユギョンに言う。戸惑うユギョンだったが、ヒョヌクはユギョンではなくホナムをイタリア留学に行かせようと手を回していた。とうとうソクホたちがイタリアに発つ時がきた。ヒョヌクは3人の穴を埋めるために解雇したミヒたちを呼び戻す。そしてユギョンとヒョヌクは”ラ・スフェラ“の厨房に一緒に立ち続けるのだった。

    ↑  ↑  ↑
U-NEXTなら31日間無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です