『宮廷の諍い女』無料動画配信チェック【1話〜最終回】中国ドラマ

宮廷の諍い女 無料動画

    ↑  ↑  ↑
U-NEXTなら31日間無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

 

ここでは中国ドラマ『宮廷の諍い女』の動画配信情報をまとめています。
『宮廷の諍い女』のフル動画が無料視聴できる動画配信サービスをお探しの方は、ぜひ参考にして下さい。

また、第1話から最終話まで全76話のあらすじや、各キャストが出演する他の作品もピックアップしていますので、お気に入り作品を見つける際にも役立てて下さい。

当サイト紹介サービス一覧
動画配信サービスFOD / U-NEXT / Hulu / TSUTAYA TV / Amazonプライムビデオ / dTV / ビデオパス
動画共有サイトYou Tube / PandoraTV / Dailymotion / Youku

『宮廷の諍い女』無料動画配信情報

動画配信サービス

各動画配信サービスの『宮廷の諍い女』配信状況です。
どれも無料期間が設けられていますが、一度登録したことのあるサービスは適用されませんのでご注意下さい。 複数のサービスで配信されている場合は、過去ご利用になっていないサービスを選択するのをおすすめします。
※「サービス名」をクリックで各公式サイトにアクセスできます。

サービス名 配信状況 無料期間
(初回のみ)
FOD
(2020年01月16日まで)
初回2週間無料
U-NEXT
(2020年9月30日まで)
31日間無料
Hulu 2週間無料
TSUTAYA TV × 30日間無料
Amazonプライム △(レンタル) 30日間無料
dTV 31日間無料
ビデオパス 30日間無料

※2019年11月の配信状況

 

動画共有サイト

ここでは動画共有サイトへの検索リンクを紹介しています。

共有サイト名 検索リンク
YouTube YouTubeでチェック
PandoraTV PandoraTVでチェック
Dailymotion Dailymotionでチェック
Youku Youkuでチェック

※上記サイト自体は違法ではありませんが、ウイルス感染の温床になっていることが問題視されています。
現在ではダウンロードせず視聴するだけなら違法にならないものの、よほどの理由がない限り視聴するのは避けるべきでしょう。
あくまでも自己責任でご利用下さい。

 


より安全に観るならコチラ!

    ↑  ↑  ↑
U-NEXTなら31日間無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

『宮廷の諍い女』キャストの他作品の配信状況

ここでは『宮廷の諍い女』の主要キャストが出演しているドラマや映画など、他作品をピックアップしています。
各作品ごとに無料配信している動画サイトも合わせて記載していますので、出演俳優&出演女優ファンの方は下記の作品も合わせてチェックしてみて下さい。
すべての動画配信サービスをうまく利用すれば、無料期間だけでも相当楽しめると思います。
「サービス名」クリックで各公式サイトにアクセスできます。
※各配信状況は調査時のものです。リンク先でご確認下さい。

スン・リーの出演作品一覧

U-NEXT>>>
月に咲く花の如く | ミーユエ~王朝を照らす月~ | 三国志英傑伝 関羽

TSUTAYA>>>
月に咲く花の如く | 三国志英傑伝 関羽

dTV>>>
月に咲く花の如く

 

チェン・ジェンビンの出演作品一覧

FOD>>>
三国志 Three Kingdoms

TSUTAYA>>>
【吹替】三国志 Three Kingdoms

 

宮廷の諍い女の詳細情報

キャスト

スン・リー/チェン・ジェンビン/エイダ・チョイ/ジャン・シン/リー・トンシュエ/リウ・シュエホァ

 

あらすじ

ストーリー

2012年、中国をはじめ台湾・香港で一大社会現象を巻き起こし空前の大ヒット!―これぞ中国版「大奥」の真骨頂―あの「宮廷女官 若曦」をも越えた宮廷時代劇の最高傑作が遂に登場!!

第1話:第1話 運命の秀女選出

1722年、清の五代皇帝として雍正帝が即位し、勢力図が塗りかえられつつあった。その頃、後宮では年羹堯の妹である華妃が皇帝の寵愛を独占。子孫繁栄を案じる皇太后は秀女(皇帝の正室・側室候補)を選出することを提案、皇帝もこれを受け入れる。

第2話:第2話 旅立ちの日

新しい側室たちを迎える前から後宮での暗闘は始まっていた。雍正帝に選出された甄ケイは同じく後宮入りが決まった陵容と自邸で皇宮でのしきたりを学ぶと、家族との別れを惜しみつつ壮絶な運命が待ち受ける紫禁城へと旅立つのだった。

第3話:第3話 いきなりの洗礼

ようやく後宮の暮らしにも慣れた頃、新しい小主たちと皇后、側室らの顔合わせの場が設けられる。その帰り道に甄ケイと沈貴人は夏常在に難癖をつけらてしまう。その様子を見ていた華妃は傲慢な夏常在に対して恐ろしい命令を下す。

第4話:第4話 病床の小主

夏常在が重い罰を受けた一件で、甄ケイは後宮に自分の敵は少なくないこと、そして華妃の恐ろしさを痛感する。そしていよいよ新小主たちが伽の候補に加わる日、温侍医は甄ケイが病だと皇后に告げる。甄ケイが病だと知った雍正帝はその夜の伽の相手に沈貴人を選ぶのだった。

第5話:第5話 幻の出会い

大晦日の夜、倚梅園を訪れた甄ケイは「梅花」の詞になぞらえた願い事をつぶやく。すると暗がりから男に声をかけられる。宮女だと告げその場を去ったが、声をかけてきた男は雍正帝だった。その二人のやりとりを盗み聞きしていた宮女が・・・。

第6話:第6話 その名は果郡王

宮女の余氏はあまりの横暴さゆえ、謹慎を言い渡される。そんな中、初めて夜伽の相手に選ばれた安答応は緊張しすぎて、雍正帝から指一本触れられず宮へと送り返されてしまう。その頃、甄ケイは果郡王と名乗る男に出会い、五日後の同じ時刻同じ場所で落ち合うことを約束する。

第7話:第7話 御花園の導き

約束の日、御花園を訪れる甄ケイだったが、大雨のためか果郡王は訪れず失望。その後、風邪をこじらせ寝込んでしまう。数日後、再び御花園を訪れると余氏が現れ、位よりも寵愛を得る者が尊いのだと甄ケイを侮辱するのだった。すると果郡王と名乗っていた男が現れ・・・。

第8話:第8話 床入りの日

雍正帝に見初められた甄ケイは湯泉宮での沐浴を賜り、ついに床入りを迎える。同じ夜、華妃は恨めしそうに夜空を見上げ、眠れぬ夜を過ごすのだった。その後も皇帝からの特別待遇を受ける甄ケイ、今までぞんざいに扱っていた周囲の態度は一変し、華妃の嫉妬心はいっそう強くなるのだった。

第9話:第9話 四郎とホワァンホワァン

甄ケイを寵愛する雍正帝に、側室たちは他の者もところへも赴いてほしいと訴える。一方、沈貴人は華妃のもとで帳簿書きを終えて帰る途中、何者かに池へ突き落とされてしまう。一命を取り留めるも華妃の仕業だと確信し、甄ケイの前で復讐を誓うのだった。

第10話:第10話 成りすましの末路

甄ケイの体調不良は、薬の成分が増やされていたことが原因だった。犯人は余氏の元宮女だと判明、雍正帝は余氏を冷宮送りとする。雍正帝が情けをかけることを恐れた甄ケイは、大晦日の夜に倚梅園で願掛けしたのは自分だったと伝える。余氏の嘘を知った雍正帝は即座に自害を申し渡す。

第11話:第11話 亡霊騒動

余氏が死んでからというもの後宮の至るところで亡霊が出没し、目撃者たちは彼女が化けて出たのではないかと噂していた。だが実際は余氏の背後に黒幕がいると踏んでいた甄ケイらが黒幕をあぶり出すための策だった。まんまと策にはまった麗嬪は、亡霊に怯え錯乱状態になる。

第12話:第12話 同郷の侍医

曹貴人が二人のなれそめを口にしたことで皇帝の機嫌が悪くなってしまうが、甄ケイが機転を利かせ事なきを得る。一方、皇子を授かりたい眉荘は、新しく赴任してきた同郷の劉侍医を信頼するように。そんな中、吐き気をもよおした眉荘を診た劉侍医は懐妊を告げる。

第13話:第13話 蘇る梅妃の舞

雍正帝より“恵”の封号を与えられた沈眉荘は、甄ケイと共に我が子の誕生を心待ちにしていた。ある日甄ケイが御前に向かう途中、ひざまずく皇子を見かける。それは雍正帝より忌み嫌われている第四皇子だった。呼び止められた甄ケイは、皇子の聡明さに感心し激励の言葉をかける。

第14話:第14話 後宮の止まり木

甄ケイの“驚鴻の舞”を見た華妃は自分を玄宗に見捨てられた梅妃になぞらえ、雍正帝の同情を求める。官吏らも華妃の兄である年羹堯に恩を売るため華妃を厚遇するよう嘆願、華妃は再び雍正帝の寵愛を得る。そんな中、陵容はあることから眉荘や甄ケイに疑念を抱き始めるのだった。

第15話:第15話 偽装懐妊

ある晩、沈眉荘の寝殿に不審者が現れる。捕まった宮女の茯苓は、最初から妊娠していなかった沈眉荘に月事が訪れたため証拠隠滅を図ろうとしたと証言する。すべて陰謀だと踏んだ甄ケイは謁見を求めるも拒否され、雍正帝はまたも華妃の元に通うようになるのだが・・・。

第16話:第16話 過ぎゆく海棠(かいどう)の季節

沈眉荘が冷遇されても、雍正帝は変わらず甄ケイを寵愛し、華妃は歯がゆい思いを抱いていた。ある日、甄ケイは眉荘から安陵容を支えるようにとの手紙を受け取る。味方は陵容のみと痛感した甄ケイは、陵容が雍正帝に見初められるべく、散歩中の皇帝が彼女の歌声を耳にするよう策を練る。

第17話:第17話 及時雨(きゅうじう)登場

中元節の夜、酒に弱い甄ケイは宴を抜け出し、桐花台にある夕顔に見入る。そこへ果郡王が現れ二人は夕顔について語り合う。そんな時、温宜公主が乳を吐いたという知らせが入る。調査した結果、木薯粉が原因と判明。木薯粉を混入させたのは中元節の夜、散歩に出ていた甄ケイだという疑いが浮上する。

第18話:第18話 妹の裏切り

最近浣碧の言動が度を過ぎると感じていた甄ケイは、朝食を食べに来た雍正帝の気を引こうとする様子を見て、浣碧の裏切りを確信する。ある夜、甄ケイはお忍びで謹慎中の沈眉荘を訪ねると浣碧に言い残して出かける。すると案の定、眉荘のいる閑月閣に華妃が現れるのだった・・・。

第19話:第19話 切り絵に籠めた想い

閑月閣からの帰り道に偶然、果郡王に出会った甄ケイは、巡回に見つからぬよう小舟に同乗し、果郡王が大切にしていた袋の中身を見てしまう。寝殿に戻った甄ケイは浣碧に対し姉としての思いを伝える。心を動かされた浣碧は二度と裏切らないと誓うのだった。

第20話:第20話 西北からの逆風

雍正帝に大切にされる日々を送っていた甄ケイだったが、西北の乱で勝利した年羹堯が都に凱旋してから状況は一変する。参内した年羹堯は完全におごっており華妃は肝を冷やすが、まだ彼の力を必要とする皇帝は容認し、後宮でも華妃の元ばかりを訪れるようになる。

第21話:第21話 友への疑心

甄ケイと陵容は、雍正帝と華妃の前で芸を披露する。しかし華妃から妓女に対するような扱いを受けたため、宮に戻った陵容は悔し涙を流す。そんな中、彼女の元に皇后が風邪の見舞いに訪れるのだが、布団に隠していた呪いの人形を見つけてしまう・・・。

第22話:第22話 二着の夜着

ある日、陵容は雍正帝が自分の仕立てた夜着が気に入らず、甄ケイの仕立てた夜着に着替えたことを知りショックを受ける。彼女の気持ちを察した甄ケイは上等な玉のかんざしを届けるが、陵容は甄ケイへの卑屈な気持ちをますます募らせていく。

第23話:現る

後宮では富察貴人が懐妊したことが判明し、他の妃嬪たちは内心複雑な思いを抱いていた。その頃、都で蔓延していた疫病が紫禁城にも伝染する。そんな中、華妃の送った茶具により眉荘も感染、甄ケイは温侍医に助けを求める。同じ頃、捜索を命じていた劉畚がついに捕捉されたと報告が入る。

第24話:第24話 寵妃の返り咲き

劉畚が捕まった翌朝、華妃は疫病に効く薬を江兄弟が考案したと雍正帝に報告する。この功績が認められ、華妃は罰せられるどころか後宮指南役にも返り咲くことに。一方、華妃を罰することが出来ず落胆する甄ケイに、追い打ちをかけるかのような知らせが届く。

第25話:第25話 おしろいと猫

沈眉荘は疫病から順調に回復していた。そんな中、皇后の宮でお花見が行われる。宴の最中、富察貴人に突然皇后の飼い猫が襲いかかり、甄ケイも首に傷を負う。富察貴人は流産してしまうが、なんと甄ケイが妊娠していることが判明し・・・。

第26話:第26話 暗黙の了解

甄ケイが妊娠したことでショックを受けた華妃は端妃のもとへ。自分の流産は端妃の仕業だと信じ恨みを抱いていたのだ。雍正帝は妊娠した甄ケイへ更に寵愛を注ぎ、嬪に封じることを決める。無事に子を産むために今まで以上に慎重になる甄ケイに、陵容は首の傷に効くという高価な薬を渡すのだった。

第27話:第27話 若葉、無残に散る

雍正帝の命令を受けた果郡王は、甄ケイの誕生祝いと懐妊祝いをかねた宴席にて華やかな演出を行い、二人を大いに喜ばせる。ある日、甄ケイと一緒に凧揚げを楽しんでいた淳常在は、1人で凧を捜しに行き、華妃と年羹堯の配下が会っているところを目撃する。

第28話:行わば自ら斃れん

雍正帝は戦に勝利した年羹堯一族の功績をたたえ、華妃の位も昇級させると告げる。その頃、斉妃は甄ケイが皇子を産めば、自分の子である第三皇子が皇太子になれないのではと危ぶむ。ある日、斉妃に安陵容が近寄り、夾竹桃は妊婦には危険な植物だと告げる。

第29話:第29話 貴妃、非情なり

甄ケイに夾竹桃入りの菓子を食べさせようとした罪で、斉妃は第三皇子を教育する権利を奪われる。おなかの子を守れたと安堵する甄ケイだったが、相変わらず体調はすぐれなかった。そんな中、雍正帝と皇后が雨乞いのため10日ほど皇宮を空けることになり・・・。

第30話:第30話 失意の夜

翊坤宮で気を失った甄ケイはようやく目覚め、雍正帝より流産したことを知らされる。華貴妃は弁明するが、雍正帝は華貴妃の封号を剥奪し、位も妃に降格する。勅命がなければ雍正帝への謁見も許されないことになり、華貴妃は失意のどん底に落とされてしまう。

第31話:第31話 歌姫の台頭

温侍医より流産を引き起こす麝香を使用した症状が見られると告げられ、甄ケイの心は更に沈む。一方、甄ケイが流産して以来、雍正帝は後宮から足が遠のいていた。事態を危惧した皇后は、宴席で歌妓に美しい歌声を披露させる。すっかり魅了された雍正帝の前で謎の歌妓が素顔を見せると・・・。

第32話:第32話 解けぬわだかまり

甄ケイが悲しみに沈む中、安陵容は雍正帝の寵愛を一身に受けていた。甄ケイは皇太后から皇帝のために立ち直るよう諭されるが気分は晴れない。一向に立ち直らない甄ケイの様子に業を煮やした浣碧は、病床の甄ケイを見舞ってほしいと雍正帝に嘆願すべく自ら養心殿に向かう。

第33話:第33話 屈辱の果てに

失意の甄ケイは病にも伏しがちとなり、碎玉軒はすっかりわびしくなっていた。そんな様子を見かねた沈眉荘は甄ケイを冷宮に連れていく。甄ケイが冷宮で目にしたのはすっかり変わり果てた麗嬪の姿だった。眉荘は冷宮送りになった妃嬪の姿こそ甄ケイの末路だと諭す。

第34話:第34話 蝶舞いて愛降りる

斉妃と富察貴人から屈辱を受け、ようやく目覚めた甄ケイは、再び雍正帝の心を取り戻すべく入念な下準備を始める。ある日、宴を開いていた皇帝は、かつて甄ケイと出会った倚梅園を訪れ、甄ケイにすっかり魅せられる。こうして甄ケイは再び雍正帝の寵妃として復活するのだった。

第35話:第35話 人豚の物語

曹貴人と富察貴人に遭遇した甄ケイは、二人に世にもおぞましい人豚の物語を聞かせる。すっかりおびえた富察貴人は、報復されると思い込む。一方曹貴人には公主の将来のためにも年妃を見限るよう促し、曹貴人も協力することを誓うのだった。そんな中、戦地より帰還した敦親王が言官を暴行するという事件が起こる。

第36話:第36話 雪解けの時

甄ケイは敦親王の望みをかなえ年妃の封号を戻すよう雍正帝に進言、年妃は華妃として復活する。一方この件を耳にした安陵容が、甄ケイが雍正帝に進言したことを沈眉荘に明かしたため、沈眉荘との間に亀裂が生じるのだった。

第37話:第37話 揺れる友の絆

甄ケイは進言した件を釈明しようとするも、なかなか溝は埋まらずにいた。皇后から指示を受けた安陵容は、甄ケイと沈眉荘の仲を引き裂こうと策を講じるが、その意図を沈眉荘に見抜かれてしまう。一方、華妃の元には以前どおり雍正帝が頻繁に訪れていたが・・・。

第38話:第38話 苦肉の策

朝廷では甄ケイの父らを中心に、年羹堯の横行を弾劾する動きが増し、罪を問う声が日増しに強まっていた。事態を危惧した華妃は雍正帝に兄の取り成しをさせるべく、侍女の頌芝を雍正帝に差し出す。寵愛を得た頌芝は官女子を飛び越えて答応に封じられ、華妃の地位は安泰に見えたが・・・。

第39話:第39話 皇帝、動く

頌芝に対し甄ケイが挑発的な態度を取ったため、雍正帝は激怒し、甄ケイは謹慎を命じられる。一方、朝廷では年羹堯と敦親王を粛清すべく水面下で調査が行われていた。そして秋となり紫禁城に戻った雍正帝の元に密書が届く。その密書では敦親王が年羹堯に雍正帝の皇位を奪うよう頼んでいた・・・。

第40話:第40話 栄華からの転落

敦親王が幽閉処分となり、年羹堯への風当たりはますます強くなっていく。そんな折、書状が雍正帝の逆鱗に触れてしまったため、ついに年羹堯は降格処分を受ける。これを好機と見た甄ケイは、曹貴人にこれまでの華妃の悪行を洗いざらい告発させる。

第41話:第41話 裏切り者の運命

後宮には年羹堯を弾劾した功臣・瓜爾佳氏の娘、祺貴人が入宮し、皇后や寵愛を得ている甄ケイに取り入ろうとしていた。そんな中、甄ケイは碎玉軒を監視する華妃付の太監がいると報告を受ける。甄ケイは年答応に引導を渡すため、沈眉荘と賭けに出るのだった。

第42話:第42話 華、散り逝く

年答応への刑が執行される日、甄ケイは自ら冷宮の年答応を訪ねる。甄ケイをののしる年答応に、甄ケイはなぜ年答応が寵愛を得たのか、なぜ年答応が流産後ずっと身ごもることがなかったのかを明かす。そして雍正帝から贈られた歓宜香の秘密を知った年答応はついに・・・。

第43話:第43話 純元皇后

甄ケイが妃に冊封される日が近づく中、朝廷では瓜爾佳鄂敏が、年羹堯を称えた詩を作った官吏に甄遠道が同情していると訴えていた。そして冊封の日、届けられた礼服が破れていたため冊封の儀に間に合わないと焦る甄ケイに、内務府は代用の礼服を用意する。その礼服を着て雍正帝と皇后の元を訪れるのだが・・・。

第44話:第44話 命を懸けて

謹慎を言い渡された甄ケイは精神的な打撃も加わり、すっかり体を弱らせていた。そんな中、温侍医の診察により、甄ケイの懐妊が明らかになる。流朱の死を知った甄ケイは、その死を無駄にしないためにも子を皇后から守り抜くことを誓い、雍正帝に対してある嘆願を行う。

第45話:第45話 永遠(とわ)の訣別(けつべつ)

日に日におなかの子が育っていく甄ケイに対して皇后は手を出せずにいた。ところが甄ケイの父親がついに罪に問われ投獄されたため、皇后は安陵容を使って父親が投獄されたことが甄ケイの耳に入るよう画策する。甄ケイは雍正帝に嘆願に向かうが、父親が疫病にかかったと知ったショックで産気づく。

第46話:第46話 廃妃、尼寺へ

皇宮を離れると決心した甄ケイは、生まれたばかりの朧月を敬妃に託し、甘露寺へ修行に向かう。甘露寺の住職から“莫愁”と名付けられた甄ケイだったが、寺の管理を行う静白法師たちに妬まれ、重労働を強いられていた。そんな折、甘露寺で懸命に働く甄ケイの前に果郡王・允礼が訪れる。

第47話:第47話 長相思の主(あるじ)

皇后や妃嬪たちが祈祷のため甘露寺を訪れる。甄ケイがこき使われている様子を見た皇后や祺嬪は、甄ケイを大いに辱め、甄ケイの返り咲きはないと確信しほくそ笑む。一方の雍正帝は、甄ケイの名を禁句にしたものの、ずっと未練を引きずっており、甄ケイとの思い出をかみしめるのだった。

第48話:第48話 一途な想い

甘露寺の尼僧たちによって甘露寺を追い出された甄ケイは、新しい住みかとなる凌雲峰へ向かうが、日々の重労働がたたり、途中倒れてしまう。そこへ果郡王が現れ、甄ケイたちを清涼台へ運ぶ。果郡王の献身的な看病もあり、ようやく目を覚ました甄ケイだったが・・・。

第49話:第49話 天地で唯一の愛

果郡王と共に長相思と長相守を奏でた甄ケイだったが、どうしても果郡王の愛を受け入れられずにいた。だが昼夜を問わず自分を見守ってくれる果郡王の姿に心を打たれた甄ケイは、槿汐たちの後押しもあり、嵐の夜、ついに果郡王の愛に応えるのだったが・・・。

第50話:第50話 断ち切れぬ未練

温実初が甄ケイの元を訪れると、そこには仲睦まじい甄ケイと果郡王の姿があった。問い詰める温実初に対し、甄ケイは果郡王への愛を打ち明けたため、温は大いに落胆する。そんな温実初の姿を見た沈眉荘は、自分への戒めも込め、あえて厳しい言葉で叱咤激励する。

第51話:第51話 結ばれた心

山中で毒蛇に噛まれていた男はジュンガル部の人間だった。男は甄ケイを気に入り、その場を立ち去る。ちょうどその頃、西蔵で反乱が起きジュンガル部が関与している疑いがあったため、雍正帝は果郡王に西蔵への偵察を命じる。果郡王は甄ケイと結婚の誓いを交わし、40日で戻ると約束して出発したのだが・・・。

第52話:第52話 皇后、独壇場

新たに入宮した葉答応だったが、風変わりな性格のため他の妃嬪から煙たがれていた。皇后は、寵愛を得る葉答応が皇子を産めば自分たちの脅威になると斉妃を消しかける。早速、斉妃は棗の汁物を届けさせ、葉答応を身ごもれない体にするが、雍正帝に所業がバレてしまう。

第53話:第53話 一世一代の賭け

おなかに宿した子と重病になった父親を守るため、さらに果郡王の敵を討つため、甄ケイは皇宮に戻る決意をする。槿汐は雍正帝に仕える太監蘇培盛を味方につけるべく、自分の身を捧げるのだった。いよいよ祈祷のため雍正帝が甘露寺を訪れる日、甄ケイたちは一世一代の賭けに出る。

第54話:第54話 せめぎ合い

雍正帝と再会を果たした甄ケイは、身ごもっていることを明かし、これを受けて雍正帝もすぐに甄ケイを皇宮に戻そうと準備を始める。だが甄ケイの懐妊を知った皇后が早々に手を回し、欽天監に天象が凶兆を示していると報告させ、皇宮の件は保留となってしまう。そんな中、第四皇子への差し入れに毒が入れられるという事件が起きる。

第55話:第55話 別れ、そしていばらの道へ

甄ケイを皇宮に戻すことを大臣たちに反対された雍正帝は、甄ケイに満軍旗であるニオフルの姓と熹妃の身分を与え、第四皇子の生母として皇宮に戻すことを決める。ところが死んだと思われた果郡王が甄ケイの前に現れる。しかし甄ケイは、皇宮に戻ることを果郡王に告げ、別れを切り出すのだった。

第56話:第56話 新たな諍いの幕開け

皇宮に戻った甄ケイを迎えたのは雍正帝と、今も変わらず諍いを繰り広げる皇后、そして妃嬪たちだった。甄ケイには、永寿宮という豪勢に改築した宮が与えられ、甄ケイと第四皇子は母子支え合っていこうと心を通わせるが、実の娘である朧月公主は養母の敬妃を実の母親だと思っていた。

第57話:第57話 足固めの一歩

夜、欣貴人の元を訪れた雍正帝を、祺嬪が不調を理由に連れ出すという事件が起こる。甄ケイは病を治すためだと苦い汁物を届けさせ、祺嬪に皇帝の前で飲み干させる。寵愛を奪う悪しき風習を抑えた甄ケイは一目置かれるようになり、皇太后の信頼も取り戻すが、安陵容から意味深な警告を受け・・・。

第58話:第58話 禁断の夜

永寿宮を訪れていた雍正帝の元に、祺嬪の体調がすぐれないため訪れてほしいと使いが来る。甄ケイの勧めで雍正帝が儲秀宮に向かうと、そこには欣貴人付の佩児をはじめ、宮女たちに乱暴を働く祺嬪の姿があった。欣貴人は祺嬪が甄ケイを恨んでおり、元甄ケイ付の佩児を虐待していると訴えた。

第59話:第59話 太監と宮女

温実初と一夜を共にした沈眉荘は子を宿してしまう。愛する男の子を守るべく、眉荘は温実初に助けを求め、一方でこれまで拒んできた雍正帝を受け入れ、自分が皇帝の子を身ごもったと報告する。突然の吉報に雍正帝や甄ケイは大喜びするのだったが、皇后が甄ケイの元に突然訪れ・・・。

第60話:第60話 新しい命の誕生

中秋節が訪れ、皇宮では皇族や妃嬪らの宴が開かれる。久しぶりの果郡王の姿に耐えきれなくなった甄ケイは口実を作って席を外す。すると果郡王が追い掛けてきたため、2人は久しぶりに言葉を交わすが、その様子を遠くから伺う人影があった。宴が終わり宮に戻る甄ケイに多くの猫が襲い掛かり・・・。

第61話:第61話 無敵の貴妃

皇子と公主の双子を産んだ甄ケイは、ある日、敬妃を永寿宮に招待する。朧月を手放したくないため蘇培盛と槿汐の仲を皇后に報告した敬妃は罰を覚悟するが、甄ケイは敬妃を許すだけでなく朧月が嫁ぐまで養育することを依頼、敬妃は甄ケイに忠誠を誓うのだった。その後、甄ケイは後宮指南役の権限を与えられる。

第62話:第62話 貴妃包囲網

果郡王が病に伏したとの知らせが入る。甄ケイは案じる気持ちを抑え浣碧を果郡王の屋敷へ看病に遣わせるのだった。そんな折、甄ケイは皇后の宮より招集を受ける。到着すると皇后ならびに妃嬪全員が集合しており、祺貴人が甄ケイと温侍医が密かに情を交わしていると訴えるが・・・。

第63話:第63話 運命の後宮裁判

温実初との私通を疑われた甄ケイは、雍正帝に自分は潔白であると強く訴える。だが祺貴人はヒブンだけでなく、甘露寺で甄ケイにつらい苦役を課した静白までも抱き込み、甄ケイに不利な証言を行わせる。そこで皇后は雍正帝に親子を判別する血液検査を行うよう提案するのだが・・・。

第64話:第64話 朋友の死

温実初と第六皇子が親子でないことが証明されるが、温実初は自らの潔白を証明するべく去勢したため、それを知った沈眉荘はショックで産気づき大量に出血してしまう。命の終わりが近いと悟った眉荘は、甄ケイと温実初に生まれたばかりの公主を託す。甄ケイは初めて公主の父親が誰かを知るのだったが・・・。

第65話:第65話 秘密の切り絵

ある日、甄ケイや寧貴人、皇族たちが参加する宴席で、雍正帝は果郡王が大切にしている小袋を見つける。その中に入っていたのは、甄ケイの顔をかたどった古い切り絵。甄ケイに似ていると疑う空気が漂うが、浣碧が自分の切り絵であると雍正帝に弁明する。雍正帝は浣碧を果郡王に与えると宣言するが・・・。

第66話:第66話 唯一の妻

甄ケイの妹のギョクヨウは容貌が純元皇后に似ているため雍正帝に見初められる。だがギョクヨウは雍正帝の弟允禧と恋仲になっていた。玉隠は雍正帝が目移りするようにと果郡王府の使用人を妃嬪として献上し、一方のギョクヨウは自分の正直な思いを雍正帝に告げる。雍正帝はギョクヨウと允禧の結婚を許すのだった。

第67話:第67話 水面下の攻防

安陵容の懐妊が判明し、胎児が無事に育っていると思われたが、長年服用した薬の影響から、すでに流産の兆候が見えていた。流産を甄ケイの責任にするべく隙をうかがう皇后や陵容に対し、甄ケイも密かに探りを入れる。そして小允子が陵容の宮から入手してきた謎の香料に媚薬の成分が・・・。

第68話:第68話 憐れな歌姫

安陵容が懐妊して5か月、安陵容の誕生日に雍正帝が伽をさせたため、陵容は流産してしまう。ところが、陵容が媚薬を使っていたこと、甄ケイに渡した軟膏に麝香が混入していたことが判明し、安陵容は宮に監禁となる。ほどなくして、安陵容より宮に来てほしいと告げられる甄ケイ・・・。

第69話:第69話 皇子たちの思惑

朝廷では大臣たちから皇太子擁立を進言する動きがあり、皇位争いを嫌う雍正帝の頭を悩ませていた。そんな中、第三皇子を皇太子に推したい皇后は、烏拉那拉一族の繁栄のため姪を第三皇子の夫人候補として薦める。だが肝心の第三皇子は皇帝の妃嬪である瑛貴人に心を奪われてしまう。

第70話:第70話 二人の皇后

第三皇子が瑛貴人に恋文を渡そうとしていたことが発覚し、瑛貴人は死罪を賜る。第三皇子は長子ということで罪は免れたが、雍正帝からの評価は大いに下がってしまう。そんな折、またも雍正帝の子供を身ごもった甄ケイは、ふとした偶然から安陵容の最後の言葉の意味を知る。

第71話:第71話 肉を切らせて骨を断つ

安産祈願のため永寿宮に呼ばれた皇后だったが、甄ケイの策にはまり子を害した罪で雍正帝より謹慎のお達しを受ける。皇后は第三皇子に望みを託すが、第三皇子は第四皇子の巧みな言葉に乗せられ、雍正帝に八皇弟や十四皇弟を許すよう嘆願してしまう。激怒した雍正帝は第三皇子を・・・。

第72話:第72話 明かされる心の闇

慎刑司に送られた江福海の供述により、皇后のこれまでの悪事が明るみに出る。中でも実の姉純元皇后を死に至らしめた事実に雍正帝は激怒し皇后を廃そうとする。“烏拉那拉氏を廃してはならない”という皇太后の遺言により廃位だけは免れた皇后だったが、実質皇后としての実権を失う。

第73話:第73話 皇帝の疑心

雍正帝より甄ケイは、ジュンガル部が甄ケイを嫁がせれば兵を引くという条件を出したことを知らされる。ところが殿内に果郡王が乗り込み、兵を率いてジュンガル部を討つと申し出たため、雍正帝から仲を疑われてしまう。雍正帝は果郡王に対して、甄ケイがジュンガル部に輿入れすると見せかけ・・・。

第74話:第74話 道ならぬ恋の果て

辺境の地に飛ばされていた果親王が3年ぶりに帰京する。果親王の無事を喜ぶ甄ケイだったが、雍正帝から身の潔白を証明するために果親王に毒酒を与えるよう命じられてしまう。自らの命と引き換えに果親王を救おうとした甄ケイだったが、逆に自分に注いだ毒酒を果親王が飲み干してしまう。

第75話:第75話 最後の復讐

朝廷では皇太子擁立についての議論が激しさを増し、第四皇子と第六皇子を推す声があり大臣の意見が割れていた。雍正帝は愛する第六皇子に心が向かっていたが、甄ケイは第四皇子のほうが皇太子として資質があると提言する。ある日、甄ケイは侍医より寧嬪が媚薬と辰砂を必要としていると知らされる。

第76話:第76話 さらば、諍(いさか)い女(め)たち

コウエンと霊犀が果親王の子ではないかと疑った雍正帝は、血液検査を行おうと試みるが、事前に察知した寧嬪がコウエンと霊犀を避難させ事なきを得る。寧嬪は病床の雍正帝の息の根を止めるべく、丹薬をすり替えて服用させ、最後を甄ケイに託す。冷ややかな目で雍正帝を見つめる甄ケイ。復讐の瞬間が訪れる。

    ↑  ↑  ↑
U-NEXTなら31日間無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です