君につづく道(台湾ドラマ)フル動画の無料視聴方法をチェック【1話〜最終回】

君につづく道 無料動画

    ↑  ↑  ↑
FODなら1ヶ月無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

 

ここでは台湾ドラマ『君につづく道』の動画配信情報をまとめています。
『君につづく道』のフル動画が無料視聴できる動画配信サービスをお探しの方は、ぜひ参考にして下さい。

また、第1話から最終話まで全25話のあらすじ以外にも、各キャストが出演する他の作品もピックアップしていますので、お気に入り作品を見つける際にも役立てて下さい。

当サイト紹介サービス一覧
動画配信サービスFOD / U-NEXT / Hulu / TSUTAYA TV / Amazonプライムビデオ / dTV / ビデオパス
動画共有サイトYou Tube / PandoraTV / Dailymotion / Youku

『君につづく道』無料動画配信情報

動画配信サービス

各動画配信サービスの『君につづく道』配信状況です。
どれも無料期間が設けられていますが、一度登録したことのあるサービスは適用されませんのでご注意下さい。 複数のサービスで配信されている場合は、過去ご利用になっていないサービスを選択するのをおすすめします。
※「サービス名」をクリックで各公式サイトにアクセスできます。

サービス名 配信状況 無料期間
(初回のみ)
FOD
(2020/08/04まで)
1ヶ月無料
U-NEXT × 31日間無料
Hulu × 2週間無料
TSUTAYA TV × 30日間無料
Amazonプライム × 30日間無料
dTV × 31日間無料
ビデオパス × 30日間無料

※2019年10月の配信状況

 

動画共有サイト

ここでは動画共有サイトへの検索リンクを紹介しています。

共有サイト名 検索リンク
YouTube YouTubeでチェック
PandoraTV PandoraTVでチェック
Dailymotion Dailymotionでチェック
Youku Youkuでチェック

※上記サイト自体は違法ではありませんが、ウイルス感染の温床になっていることが問題視されています。
現在ではダウンロードせず視聴するだけなら違法にならないものの、よほどの理由がない限り視聴するのは避けるべきでしょう。
あくまでも自己責任でご利用下さい。

 


より安全に観るならコチラ!

    ↑  ↑  ↑
FODなら1ヶ月無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

『君につづく道』キャストの他作品が観れる動画配信サービス

ここでは『君につづく道』の主要キャストが出演しているドラマや映画など、他作品をピックアップしています。
各作品ごとに配信している動画サイトも合わせて記載していますので、出演俳優&出演女優ファンの方は下記の作品も合わせてチェックしてみて下さい。
すべての動画配信サービスをうまく利用すれば、無料期間だけでも相当楽しめると思います。
※「サービス名」クリックで各公式サイトにアクセスできます。

ヴィック・チョウの出演作品一覧

FOD>>>
Silence~深情密碼~ | 美味関係~おいしい関係~ | 部屋においでよ~Come to My Place~ | 流星花園~花より男子~ | 流星花園II~花より男子~ | 流星雨

U-NEXT>>>
戦神~MARS~ | 美味関係~おいしい関係~

 

ケン・チュウの出演作品一覧

FOD>>>
部屋においでよ~Come to My Place~ | 流星花園~花より男子~ | 桃花タイフーン!! | 流星花園II~花より男子~ | 流星雨 | 朝倉くん ちょっと!

U-NEXT>>>
桃花タイフーン!!

 

ワン・チュアンイーの出演作品一覧

FOD>>>
飛魚高校生 | スクール・ロワイヤル~極道學園~ | シュガーケーキガーデン~翻糖花園~ | 天使のラブクーポン | Silence~深情密碼~

U-NEXT>>>
幸せが聴こえる | 天使のラブクーポン | シュガーケーキガーデン~翻糖花園~ | 飛魚高校生 | ペンギン夫婦の作りかた | スクール・ロワイアル~極道學園~

dTV>>>
悪魔で候~惡魔在身邉~

 

君につづく道の詳細情報

キャスト

ヴィック・チョウ(周渝民)/ケン・チュウ(朱孝天)/ワン・チュアンイー(王傳一)/テリー・クァン(關穎)/ミシェル・チェン(陳妍希)/ジー・チン(季芹)/バオ・シャオボ(包小柏)

 

あらすじ

ストーリー

ベストセラー小説家であるシューラーはインスピレーションが枯れ、作品が書けなくなってしまった。そこで、親友であるシャオマーの家族の経営するホテルに泊まり込み、創作に専念していた。ところが、部屋から一歩も出ない彼を、自殺するのでは?!と勘違いしたホテル実習生のノンシェンは、彼を救おうと勝手に部屋に飛び込んでしまう!

第1話:(字幕版)「最悪の出会い」

ベストセラー作家のシューラー(ヴィック・チョウ)は編集者の原稿催促から逃げながら、もう何日も部屋にこもりインスピレーションが沸くのを待っていた。そこは高校時代からの親友・シャオマー(ワン・チュアンイー)が親族で経営する高級ホテルの一室。スランプに陥った彼にようやくインスピレーションが沸いてきたその時!
そのホテルでの就職を目指す実習生・ノンシェン(ミシェル・チェン)はシューラーの原稿を催促しに来た編集者に「彼が自殺するかもしれない!」と脅かされ、規則を破ってシューラーの部屋に飛び込んでしまい・・・

第2話:(字幕版)「タクシードライバー」

ノンシェンに邪魔され沸きかけたインスピレーションが途切れてしまったシューラーは、自宅に戻って創作活動を再開するも、インスピレーションは一向に沸いてこない。そんなシューラーの横でハウスキーパーが、タクシードライバーに個人的なことを根掘り葉掘り聞かれたと愚痴をこぼす。どうにか創作のヒントを得たいシューラーは、様々な乗客から創作のヒントを得ようと何と自らタクシードライバーになってしまう!
一方、シューラーの部屋に無断で入ったことでホテルでの就職がダメになったノンシェンは実習最後の日を沈んだ気持ちで迎えていた・・・

第3話:(字幕版)「思いがけない再会」

シャオマーの推薦で社長から3か月の試用期間を与えられたノンシェンは、あるグルメ企画の重要な宣伝コピーを任され、インスピレーションを求めて「風の小道」へやってきた。そこで同じくインスピレーションを求めてやって来たシューラーに会い、思わぬ提案を受ける。別のある日、楽天タクシーでは社長であるロンさんの誕生日を祝おうと、ドライバー達がそれぞれ台湾名物を持って集まってきた。盛り上がるその誕生日会に遅れて到着した1人のドライバーを見てシューラーは愕然とする。そこには長年連絡が途絶えていた高校時代の親友アーハオが立っていたのだ。

第4話:(字幕版)「友達なら・・・」

グルメ企画の試食会が成功に終わり、宣伝コピーを担当したノンシェンへのご褒美として食事をご馳走すると約束したシャオマー。しかし、ルーイーとの距離を縮めたいシャオマーはルーイーと会う事を優先し、ノンシェンをがっかりさせてしまう。
一方、シューラーはアーハオがなぜアメリカではなく、楽天タクシーでドライバーをしているのかを突き止めようと本人を呼び出す。だが、アーハオはやはりシューラーを突き放し、頑なに過去を話そうとしない。そこに駆けつけたシャオマーは久しぶりの再会を果たすも、そんなアーハオの態度への憤りから彼を殴ってしまう。

第5話:(字幕版)「散々な夜」

シューラーはロン社長からアーハオの住所を聞きだし彼のアパートを訪れた。殺伐としたアーハオの部屋でシューラーは1人、高校時代3人で過ごした日々を振り返り、やはりアーハオとの友情を取り戻すべきだと強く思うのだった。
その日シャオマーとホテルスタッフ達は、ルーイーの誘いでパーティにやってきた。その会場でノンシェンは慣れないお酒に酔ってしまい、みんなの前で失態をさらしてしまう。フラフラになりながら会場を後にしたノンシェンはタクシーを拾うのだが、停まったタクシーの運転手は偶然にもシューラーだった。

第6話:(字幕版)「取り戻せないもの」

同窓会という設定でシャオマーとルーイー、そしてシューラーは3人で食事をすることに。
ルーイーと2人きりになろうと企むシャオマーの意図とは裏腹に、食事を終えてルーイーを送る事になったのはシューラーだった。そのシューラーと電話がつながらなくなったシャオマーは気が気ではない夜を過ごす。
一方、アーハオに薬を届けに来たノンシェンの姉ノンゼンは、酔ったアーハオにキスされそうになる。その一件を聞いたノンシェンは、アーハオにノンゼンへの気持ちを確かめようとアーハオのもとを訪れるのだが、そこで意外な人物と対面することになる。

第7話:(字幕版)「貴重な新しい友達」

アーハオとの一件でホテルを不在にしていたシャオマーは、社長である兄・フロストに仕事への態度を諌められ、それをきっかけに兄と衝突してしまう。
一方シューラーは、ロン社長にもらった昼ご飯が原因で食中毒になってしまった。偶然居合わせたノンシェンはシューラーに付き添い病院に行く。そこに駆けつけたシャオマーからシューラーが親に捨てられ施設で育ったことをノンシェンは聞かされる。
入院することになったシューラーが寝ている横でシャオマーはある事を思いつきアーハオに電話をするのだが・・・

第8話:(字幕版)「恋の応援」

ノンシェンはシャオマーに呼ばれ、あるレストランにやって来た。シャオマーがその店を一晩貸し切っている事を知ったノンシェンは、自分との食事のためにシャオマーが手配してくれたのだと思い込み、ロマンチックな食事を期待しながらシャオマーを待っていた。ところがそこに現れたシャオマーの傍らにはルーイーの姿が・・・。一方、なぜかノンシェンの自宅に来てしまったシューラーは、ノンシェンの家族に厚く持て成されるのだが、シューラーのことをノンシェンの恋人と勘違いする父親に強く勧められ、慣れないお酒を飲むことになってしまう。

第9話:(字幕版)「お見合いがくれた勇気」

シューラーの独占インタビューを取り付けたルーイーだったが、取材嫌いのシューラーの非協力的な態度に手を焼く。
一方、見合いを断れないノンゼンへの苛立ちから、きつい事を言ってしまったノンシェンは重い気持ちで過ごしていた。そしてノンゼンもまた、アーハオへの想いを伝えられないまま、沈んだ気持ちで見合いの日を迎えていた。
ひょんな事からコンビニにスイーツを買いに行くことになったノンシェンは、そのスイーツを巡ってある男の子と奪い合いになる。スイーツはノンシェンの手に入ったが、なんとその男の子がある重要人物だったのだ。

第10話:(字幕版)「阿里山への旅」

マレーシア高官のご子息シャオウー(ワン・ジョンウェイ)の世話係になってしまったノンシェンは、彼の観光に付き添う事になった。プリンを奪われた事を根に持つシャオウーは何かとノンシェンを困らせ、しまいには偶然居合わせたシューラーと3人で阿里山に行くと言い出す。一方、ノンシェンとともにシャオウーを故宮博物院へ案内していたルーイーのもとに、突然シャオマーが姿を現し彼女を驚かす。そして72時間以内に自分との交際の返事が欲しいと告げるのだった。

第11話:(字幕版)「朝日の力」

シャオウーに振り回されっぱなしのノンシェンは、阿里山の日の出を見るために徹夜をするはめに。寒さに震えながら待った日の出は、一瞬にして3人を幸せな気持ちにしてくれたのだが、台北への帰路を急ぐノンシェンにシャオウーはまた新たな行き先を告げ、ノンシェンを困らせる。一方、アーハオに気持ちを告げられたことがきっかけで、勇気を出して行動することの大切さを知ったノンゼンは、新たな挑戦を決意していた。そんなある日、ルーイーは街角で偶然アーハオを見かけ・・・。

第12話:(字幕版)「悲しい記憶」

ノンゼンの買い物に付きあうアーハオ。そこには悲しみに震えながら2人を見つめるルーイーの姿があった。アメリカでの記憶がにわかに甦り動揺するルーイー。
一方、高雄を観光中のノンシェン達のもとにシャオウーの父から突然ファックスが届く。ファックスを読んだシャオウーは急に不機嫌になりノンシェンとシューラーに部屋から出るよう命令する。仕方なく出かけたノンシェンとシューラーは、お酒と知らずに飲んだカクテルに酔っぱらってしまい・・・

第13話:(字幕版)「ティラミスに込めた想い」

楽しみにしていた父の日にパパと一緒に過ごせないことを知ったシャオウーは、すっかり元気をなくしていた。そんなシャオウーのもとに嬉しい知らせが舞い込む。
ホテルでは父の日イベントの準備が進められる中、VIP用の運転手が不足する事態に。困ったシャオマーはアーハオに協力をお願いする。
その日の夜、ノンシェンは父の日を家族団らんで楽しく過ごしていた。だが、父の日に捨てられ、その捨てられた日が誕生日になっているシューラーのことが気にかかり、ノンシェンはあるものをシューラーにプレゼントしようと思いつく。
一方シャオマーもまた、想いを寄せるルーイーへあるプレゼントを用意していた。

第14話:(字幕版)「過去からの前進」

シャオマーの好意に心を開き始めたルーイーは、シャオマーに誘われタロコへの小さな旅に出る。アーハオとのつらい過去に苦しんできたルーイーだったが、シャオマーの熱意と優しさでようやく前進し始めていた。
一方、互いに好意がある事を知ったシューラーとノンシェンは初めてのデートを淡水(ダンシュイ)で楽しんでいた。
ノンシェンの家ではちょっとした騒ぎが起こる。お母さんがノンシェンのカバンから男もののパンツを見つけてしまうのだ。それをシューラーのものと見当をつけた2人はアーハオを夕食に呼びシューラーのことを聞き出そうと企む。
そうとは知らないノンゼンは、自分とアーハオが交際することを両親に反対されているのだと勘違いし、両親に隠し続けてきたアーハオへの好意を吐露してしまう。

第15話:(字幕版)「打ち砕かれた再出発」

アーハオの就職を祝ってシャオマーが開いた食事会で元婚約者のルーイーと再会してしまったアーハオはその翌日、ホテルでは働けないとシャオマーに告げて去ってしまう。シャオマーは社長である兄がアーハオの入社に反対したことが原因だと思い込み、これまでの不満を一気に兄にぶつけホテルを辞めてしまう。
そんな中、ルーイーの働く出版社にアメリカからの研修記者レオ(ヴァネス・ウー)がやってきて、ルーイーが彼の世話係を担当する事になる。ノンシェンの家では、阿里山でシューラーが出したハガキをきっかけに、またひと騒動おきていた。

第16話:(字幕版)「3人の新天地」

ホテルを辞めたシャオマーは自分の実力を試そうと新天地を求めて奮闘していた。
シューラーに関する独占記事が好評だったことでルーイーは研修記者のレオにもう一度シューラーの取材を取り付けるよう頼まれてしまい、仕方なくシャオマーにお願いする。付き合ってから初めてのルーイーのお願いともあって、シャオマーはシューラーを強引に説得するのだった。一方ノンシェンはルーイーが書いたシューラーの記事を読んで目を丸くする。そして記事の真偽を確かめようとシューラーを呼び出すのだが、そこで意外な人物との再会を果たすことになる。

第17話:(字幕版)「僕の恋人」

ルーイーのアーハオに対する態度に疑念を抱いたシューラーはルーイーを訪ね2人の過去について聞かされる。
一方シューラーの独占記事を狙うレオは、ノンシェンに対するシューラーの気持ちを利用して呼び出すことに成功する。何かにつけてノンシェンを引き合いに出すレオの作戦に翻弄されるシューラー、ついには自ら独占取材を受ける約束をしてしまう。不本意ながらもルーイーを深く傷つけてしまったアーハオは自らもまた深く傷つき、浴びるように酒を飲んでしまう。酔ったアーハオを介抱するノンゼンはアーハオが今も深く過去の人を愛している事を思い知らされるのだった。

第18話:(字幕版)「疑惑の一夜」

香港出張から戻ったアーハオを驚かせようとシャオマーがアーハオの誕生日パーティーを企画した。アーハオへの思いが残るルーイーは複雑な思いでそのパーティーに参加していた。アーハオの突き放すような態度にルーイーは傷つき、やりきれない思いをシューラーに打ち明ける。やけ酒を飲み、酔い潰れてしまったルーイーはシューラーの家で夜を明かすのだが、次の日の朝、朝食を用意してやって来たノンシェンがルーイーの姿を見てすっかり誤解してしまう。アーハオとルーイーの事情を話すわけにはいかないシューラーは、ただ信じてほしいとしか言えず・・・

第19話:(字幕版)「シューラーの涙」

ルーイーとの疑惑が解けないまま、ノンシェンとシューラーは険悪な雰囲気になっていた。
そんな中、約束通りレオの取材を受けたシューラーはそこで「愛することと向き合っていない」とレオに非難される。追い打ちをかけるように自分を捨てた親の居場所を知っていると聞かされたシューラーはさらに動揺するのだった。レオとともに母親の住む家を訪れるシューラーだが、母親を目の前にした時、その現実を受け入れられずその場から逃げるように駆け出してしまう。
精神的に疲れたシューラーは気がつけばノンシェンの家の前で土砂降りの雨に打たれていた。

第20話:(字幕版)「密かな贈り物」

株で大損してしまったノンシェンの母は占いのお告げをもとにシューラーとノンシェンを結婚させようと、2人にその意思を問い詰める。ノンシェンは自分との交際について曖昧な態度のシューラーに対し不満をぶつけてしまう。
一方、アーハオは今の自分にノンゼンを幸せにする力はないという思いから「父親の工場を取り戻すまでは一緒にいられない」とノンゼンに告げていた。それをノンゼンから聞かされたシューラーはアーハオの父親の工場を秘密裏に買い取り、アーハオがアメリカで工場経営に再チャレンジするよう仕向けるのだった。

第21話:(字幕版)「崩れた友情」

仕事ぶりが評価されたシャオマーに新たなチャンスが巡ってきていた。それをきっかけにルーイーにプロポーズしようと意気込むシャオマーだったが、シューラーの携帯に届いたルーイーからのメールを偶然読んでしまい愕然とする。シューラーに裏切られたと思いこむシャオマー。さらにはルーイーから結婚を断られ・・・。
一方、アーハオはアメリカ行きを決意し、ノンゼンとその家族に別れを告げる。身勝手に去ってしまうアーハオに「二度と会いたくない」と言い放つノンゼンだが、それでもアーハオの幸せを思い、ルーイーをアーハオの発つ空港へと向かわせるのだった。

第22話:(字幕版)「未来を委ねて」

シャオマーたちスタッフは社員旅行で日月潭(リーユエタン)を訪れる。一緒に参加したルーイーはそこで改めてシャオマーにシューラーとの関係を否定する。その事実を受け入れ始めたシャオマーだが、これ以上ルーイーを困らせたくないという思いから、未来をルーイーに委ねると手紙を書き残しスイスへと旅立って行く。
シャオマーの突然の旅立ちを知ったルーイーは、自分自身が一番望んでいるのはシャオマーとの未来だということに気づき空港へと急ぐのだが・・・。一方、シューラーは新たな問題に見舞われる。ノンシェンの母から大金を貸してほしいと頼まれたのだ。

第23話:(字幕版)「愛するということ」

ノンシェンの母の頼みに応えようと出版社からお金を工面したシューラーだが、書きあげた小説は不評で出版できないと編集者に告げられ困惑する。そんな中、レオが書いた記事を読んだノンシェンは、シューラーの理想の女性と自分が正反対だと知り、シューラーに本心を問い詰める。ノンシェンやその家族に何かと構われることを負担に思っていたシューラーはその不満を一気にノンシェンにぶつけ、大ゲンカに発展してしまう。そんな矢先、ノンシェンはスイスに行ったはずのシャオマーがある病院にいるという情報を聞きつけ・・・

第24話:(字幕版)「真実を知る時」

ノンシェンからシャオマーのことを聞いたシューラーは病院に駆けつけ、変わり果てたシャオマーと対面し困惑する。
クリスマスイブの日、ルーイーの姿をひと目見たいシャオマーは、お見舞いに来たノンシェンに協力を頼む。今の姿を見られたくないシャオマーは、ただ彼女を遠くから眺めるだけ。その時、ノンシェンが発した声でルーイーはシャオマーの存在に気付き、急いで逃げるシャオマーを必死で追いかける。なんとかシャオマーに追いついた彼女は、そこでついにアーハオとの過去を打ち明ける。一方、シューラーもまたレオからの手紙で、ある真実を知るのだった。

第25話:(字幕版)「あの場所で・・・」

大みそかの日、ノンシェンはフクロウの形をした凧が揚がっているのを台北101で目にする。ノンシェンとシューラーにとって特別な意味を持つフクロウ。ノンシェンは急いで凧を揚げている場所へ向かう。シューラーはレオの手紙にあった“真実”をもとに阿里山を訪れ、母親との対面を果たしていた。ルーイーはシャオマーに告げたとおり、台北101の下でシャオマーを待っていた。そしてシューラーに会えないまま年を越し、一人阿里山で初日の出を迎えていたノンシェンは・・・

    ↑  ↑  ↑
FODなら1ヶ月無料で楽しめるよ♪

ピノキオくん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です